【ハングオーバー】シャンパン開けて気づいたら左腕が麻痺していた話

どうも、ほんこんです。

けっこう前、とある(ギラギラ系が集まる)飲み会に参加してきました。

最初は普通に飲んでいて、
ビジネスの話なんかも交えつつ、有意義な時間を過ごしていました。

 

ただ、お酒の力って怖いです。

 

段々、酔いが回ってきて、
調子に乗ってシャンパンを開け始めたんですね、

 

気づいたら記憶を失っていました。

 

朝(というか昼)に、
誰かに声をかけられて目覚めました。

「お兄さん、大丈夫??人が倒れてるって聞いたから様子見に来たよ。」

 

僕は、
「んー?さっきまで飲んでたのに誰だこの人達??」
と思い、

重たいまぶたを開けて確認すると、

 

そこにいたのは警察官でした。

 

え、やばくない?なんか悪いことした?

酔っていて頭も回らない僕は、
「あれ?僕悪いことしてました?」
と、

頭に思いついた言葉をそのまま吐き出していました。

 

悪いことはしていないこと、
酔いつぶれて、階段で寝ていたことをそこで知り、
やっと我に返って、家に帰ろうとしました。

気分はさながらハングオーバーの主人公。

 

しかし、そこでもう一つの異変に気付きます。

 

「やばい、左腕がマヒしている・・・」

 

普段からパソコンを使ってる僕からすると、
腕は大事な資産のようなものです。

サーっと青ざめた顔をしながら、
すぐに病院に駆け込みました。

 

もしかしたら、
寝ている時に頭をぶつけて、
脳になんらかの障害が残ったのかもしれない。

 

不安な気持ちを抱えながら、
お医者さんからの診断結果を聞くと、

「橈骨(とうこつ)神経麻痺」というもので、

腕をずっと圧迫していることで、
神経がマヒし、手が動かせなくなる症状でした。

 

脳の病気ではないことにホッとしたものの、
手が使えないというのはかなり痛いです。

ブログを書こうにも無理だし、
もちろんメルマガも更新できません。

しかも、治るのに1カ月くらいかかると言われました。

 

自己管理の甘さを痛感しました。

 

商売道具を、
自ら壊してしまいました。

そこは非常に反省しています。

 

しかし今回、この経験をして、
ただ一つ良かったことがありました。

 

何かっていうと、
「一つのスキルを集中的に高めることができた」
のです。

 

あほなことをして、ケガをして、
その時はやっぱり落ち込んだんですけど、

じゃあ、ケガをしている今、
一体自分には何ができるだろうか?

 

と考えた時に、
「あ、喋れるじゃん。」
ということに気づいたんですね。(当たり前か)

 

書けないなら話せ!!!

ということで、
音声学習→アウトプット(話す)を繰り返したわけです。

 

1カ月間、ずっと喋り続けました。

元々僕は喋るのが苦手で、
友人と話していても
「何が言いたいのかわからない」と言われることが多かったです。

 

ただ、ずっとしゃべり続けていると、
それまで苦痛だった”喋る”という作業が、

めちゃくちゃ楽になりました。

いや、むしろ得意になりました。

 

プレゼンのスキルも上がったし、
動画コンテンツに対するハードルも下がったので、
企画(商品)のクオリティも上がります。

しかも、喋れるようになると、
なぜか書くのも上手くなります。笑

 

これはリズム感ですね。

話すという行為はテンポが大事です。

 

こうなったらこうなって、
こうだからこうなる、
という話の流れを作る必要があります。

 

それを、アドリブで出来るようになるので、
必然と、文章を書く時も、
書くことが自然と思い浮かんでくるのです。

 

イメージでいえば、
川の流れがスムーズになったような感じ。

アウトプットは、
知識をどんどん、自分の視点を加えて放出していく作業です。

 

だから、
「脳の流れ=川の流れ」
のようなもので、

せき止めるモノがなく、
流れがスムーズだと、
非常にアウトプットが楽になるのです。

 

それまでの僕は、

川(脳)の流れの中に大きな岩があって、
それが流れを止めていたんですけど、

その岩が粉々に崩れたから、
どんどん水が流れるようになったのです。

 

つまり、
思考の回転力が向上しまくったんですね。

アウトプットの大事さを痛感しました。
まさに怪我の功名です。

 

このようにして、
「何か一つを狂ったように行うこと」
は、

自分のブロックを壊してくれます。

 

例えば、僕と同じように、
喋りに苦手意識を持っているのなら、
狂ったように、毎日、しゃべり続ければいいのです。

スパルタ的なやり方ですが笑

これは間違いなく効果があります。

 

結果が出ない人、
大きく伸びない人というのは、
一つを、徹底的にやることをしていない場合がほとんどです。

 

なぜかっていうと、
一つに絞るのは怖いからです。

 

僕も怖かったです。

喋ることをずっとやっていると、
なんとなーく、書く力が落ちそうな気がします。

 

せっかくこれまで磨いた力が、
なくなってしまいそうな気がします。

 

それに、メルマガを更新していないと、
読者リストが枯れてしまうかもしれないとか、
そういった不安に駆られます。

 

でも、実はそんなことなくて、
一つのスキルを徹底的に伸ばせば、

それは他のスキルの向上にもつながるのです。

(つまり魅力が上がるから、メルマガリストに対しても、これまで以上の価値を提供できるようになります)

 

一つのスキルを伸ばせば、

他のスキルが向上するというのは、
スキルは掛け合わせることができるから、

かけ算の力でスキルがアップグレードされるという意味です。

 

イメージでいうと、
自分にはステータスの様なものがあります。

ライティング力:75
プレゼン力:80
漫画の知識:100
戦略力:75
マーケティング力:68
数学力:70
ブランディング力:70
将棋の知識:80

こんな感じに。

 

ちなみに、ネットビジネスでは、

ビジネスに関する知識だけでなく、どんな知識でも役に立ちます。

 

それが漫画だろうが数学だろうが将棋だろうが、
めちゃくちゃ役に立ちます。

 

なぜなら、文脈力が高まるからです。

 

話の面白い人って、
専門知識を語るだけじゃなくて、
それを、何かに例えて話すのが非常に上手いです。

ビジネスの話をしていると思ったら、
急に数学の話をしたり。

で、数学なんてビジネスに関係あるのか??

と思って聞いていたら、
思わぬところでビジネスと繋がりがあったり。

 

その瞬間、
「すげええー!」
という感覚に陥り、

自分の見ている世界がどんどん広がっていきます。

 

これが、文脈力(話をあちこちに飛ばす力)であり、

視点で価値を生み出すということですね。

 

まぁ長くなるのでそれはおいといて、

この数値が高ければ高いほど、
これらのスキルを、応用して使うことができるということですね。

 

もしライティング力が高ければ、
どんな日常の出来事も面白いコンテンツに変えられます。

 

「ライティング×漫画の知識」
のような組み合わせも出来るようになります。

ライティングに関することを教える時に、
「ちなみに、○○という理論は、漫画でいえば○○です」
みたいな。

 

読んでいる方は、
ライティングの知識と、漫画が繋がるので、
読んでいて面白いのです。

 

このようにして、
一つのスキルを高めることをやっていけば、
それはいつの日か繋がって、
どんどん自分の発信が面白くなっていきます。

 

僕の場合も、ケガをして、
喋るスキルをとことん高めていったから、
プレゼン力が上がり、

「ライティング力×プレゼン力」
という風に、

二つのスキルを駆使しながら、
コンテンツを作れるようになったのです。

 

文章を書く時も、
喋ってる時の感覚を持ちながら書く

ということが出来るようになった
ってことですね。

 

スラスラ言葉が出てくるようになるから
書いていて楽しいです。資産がどんどん貯まる感じ。

 

このようにして、
僕は、ケガから一つのことに集中する大事さを学びました。

 

初期の頃ってやることが多くて、
「あれもこれも…!」
となりがちですが、

勇気をもって、
一つのスキルを狂ったように伸ばしてみてください。

 

面白い世界が見れますよ。

 

どんどん成長を実感できて、
もちろんそれは稼ぐことに直結します。

 

スポーツにしても何でも一緒ですね。

そういえば僕は昔、
ハンドボールをやっていた時、
一つのフェイントを徹底的に磨いていました。

「これを仕掛ければ絶対に相手を抜ける!」
みたいな笑

 

すると、全道大会に行って、
最終的には全国に行ったような強豪チーム相手に、

フェイントを仕掛けて、抜きまくることができました。

 

試合には負けましたが、
1対1の勝負では勝ちまくったのです。

 

つまり、この世の本質として、
「一つを徹底的に極める」というのは、
かなり有効だってことが分かります。

 

自分に今必要なスキルは何か?

という事を考えて、
まずは1日からでもいいので、
それだけを、狂ったようにやり続けてみてください。

 

かなり成長できます。

 

今日はこんなところで。

 

それでは!

電子書籍を無料で受け取れます。

 

僕は大学在学中に起業し、

経済的自立を達成しました。

 

ネット上でお金を稼ぐことは、

怪しいことだと思われがちです。

 

また、才能ある人にしかできないと思われがちです。  

しかしそれは全て違います。  

僕は元々ビジネスができるわけではなかったし、 自信もなかったし、コミュ力も低い貧乏大学生でした。

 

喋りも、文章も、何もできなかったです。   そんな僕でも正しい情報に出会い、 正しい努力をしたところ、

 

大変なこともありましたが、

無事に経済的自立を達成することができました。

 

なので、もちろん就職は放棄します。

 

結局、起業して成功するには、

死に物狂いで行動すればいいだけなのだと悟りました。

 

それも、半年あれば十分です。

 

「学んで実践」の繰り返しで、 誰でも自信を持つことができるし、 Web上で稼ぐことは可能です。

 

一歩踏み出すだけでも違います。

  あなたがビジネスに出会い、

興味本位でもその世界に飛び込めば、   成功して、自由な生活を送るのも可能なのです。

 

ただなんとなく怪しいとか、 自分には無理だと決めつけて、

それまでと変わらない生活を続ければ、

 

得られていたはずの自由な生活は失われるでしょう。

 

どっちを選ぶかはあなた次第ですが、

僕は、ビジネスという武器を手に入れて、

人間関係も、健康も、名誉も、知識も、お金も、時間も、

 

全ての悩みを解決した方がいいと思います。

 

実際、僕が実践して良かったなと思っているので。

 

そのきっかけとして、

僕が経済的に自立するまでのストーリーを、

電子書籍の中でお話しています。

 

サクッと読んでみてください。

 

期間限定で1000円のところを無料で配布しています。

 

電子書籍「人生は循環で変わる」を無料で読んでみる

 

メールアドレスを入力すると、すぐ受け取れます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ピックアップ記事

  1. すすきののガールズバーで11万。お金の使い方を考えるきっかけになった。
  2. 集客の4大構成要素を極めていけばリストは取れる
  3. 【メルマガ】1日5記事書くと見える世界が変わった話
  4. ”One source Multi-use”の考え方を持つと情報発信が楽になる。…
  5. 億のビジネスをする呉服業界から学ぶLTV(顧客単価)のお話

関連記事

  1. ほんこんのオススメ記事

    「令和」から学ぶ面白いブログ記事の書き方

    こんばんは、ほんこんです。今年も4月に入り…

  2. ほんこんのオススメ記事

    没頭タイプと移動タイプで軸を作る

    こんにちは、ほんこんです。前回は、思考の軸…

  3. ほんこんのオススメ記事

    月収100万は通過点。ほんこんの過去+理念「五徳の概念+α」について

    はじめまして、本多です。ネット上では、ほんこんと名乗っています…

  4. ほんこんのオススメ記事

    思考=道具という視点からみたビジネスと哲学のお話

    こんにちは、ほんこんです。今日は、「思考」に対する概念を変…

  5. ほんこんのオススメ記事

    30分にエネルギーを注ぎ込む!

    どうも、ほんこんです。今日はライティングに関するお話をしようと…

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。