【DAYS】生方千加子の名言から学んだ評価と限界のお話

どうも、ほんこんです。

僕が好きなマンガの一つに、
「DAYS」
というものがあります。

 

サッカー漫画なんですけど、
面白すぎて全巻一気読みしました。

 

で、この漫画の特徴として、
けっこう「名言」が出てきます。

 

超熱いです。

それを紹介して、
そこから話を広げていければなと思います。

DAYSのあらすじ

主人公は、運動音痴で、
引っ込み思案の少年です。

その少年がサッカーの天才(風間陣)と出会い、
スポーツの面白さに目覚め、
サッカーにのめり込んでいく、、、

といったものです。

 

主人公の、塚本つくしが入った高校は、
サッカー強豪校として有名な聖蹟(せいせき)高校で、

サッカー初心者の塚本つくしにとっては、

かなり厳しい環境でした。

 

バカにされたり、邪魔者扱いを受けることもあります。

でも、塚本つくしは諦めません。

 

驚異的な忍耐力、
どこまでも高い向上心で、
努力しまくって、

チームにとって欠かせない存在になっていきます。

 

後は、読んでみてください。
絶対面白いのは保証しますし、
モチベーションがかなり上がると思います。

 

僕自身、読み終えてからかなりやる気がでました。

とことん追い詰めて、
何かを成し遂げたい人にはお勧めです。

 

モチベーション管理に有効なマンガですね。

 

 

「人が本気で挑戦して努力して成せないことなんてこの世には何一つない!途中で挑戦をやめるからまるで失敗したように映るんだ!」

 

ここでDAYSの名言を紹介するんですけど、
この名言が生まれるまでの流れをサクッとお話します。

 

塚本つくしは、努力の甲斐あって、
1年生ながら、インターハイ出場をかけた大事な試合のメンバー入りを果たします。

 

冷静に、初心者がメンバー入りするって半端ないです。

 

普通ならあり得ないと思いますよね。

 

でも、この漫画では、
そういった「人の成長」を描くのが上手で、
全然違和感なく、納得できる展開になっています。

 

塚本つくしは、本当に物凄い努力をしていました。

 

で、その努力を、
マネージャーである生方千加子(塚本つくしの同級生)はずっと見ていて、

彼女自身、塚本つくしから目が離せないような状態になっています。

 

このマネージャー、
性格は男勝りでぶっきらぼうで、
中学生の頃に小説家を目指すものの、

コンテストで落選を繰り返して、
かなり重度の挫折をした過去を持っています。

 

だからこそ、
実力も才能も持っていない塚本つくしが、
必死に努力する姿を見て感化されていたんですね。

 

さて、そんな2人の関係性をふまえつつ、
重要なシーンの説明に入ります。

 

さきほども言ったように、
塚本つくしは、1年生ながら、
インターハイ出場をかけた試合にメンバー入りして、

試合にも出場することになりました。

 

試合でも色々あり、
大きな展開があったのが試合終了間際。

 

「ここで決めれば逆転だぁ!インターハイに出場できる!」

 

っていうシーンで、

塚本つくしにパスが回ってきました。

 

しかも、ドフリーの状態。

塚本つくしは思いっきりシュートを打ちます。

 

結果は、ゴールポストに直撃。

 

あと一歩のところで、
勝ちを逃してしまいました。

 

当然塚本つくしは落ち込んで、
一種のアイデンティティクライシス状態というか、
放心状態に陥ります。

 

「自分のせいでチームは負けたんだ…」

と、自分を責め立てます。

 

そんな風に、一人で負けを背負い込む塚本つくしを見て、
マネージャーの生方が、このセリフを言ったのです。

「人が本気で挑戦して努力して成せないことなんてこの世には何一つない!途中で挑戦をやめるからまるで失敗したように映るんだ!」

「敗北も挫折も失敗も丸ごと飲み込め。すべて次の勝利のための一部なんだ。無駄なんかじゃない。あんたが頑張ってきたことはすべて。」

これを聞いて、塚本つくしは号泣。

心震えますよね。

 

多くの人って、
自分の失敗した過去を悔やみますけど、

生方千加子は、それを全否定しています。

 

過去は悔やむものではなくて、
思い出して落ちこむものではなくて、

「勝利のために必要なものである」
と、

いわば過去を再定義しています。

 

実はこれアドラー心理学でも同じ事が言えます。

 

アドラーは、
「過去は捉え方次第で変わる」
という考えを持っていました。

過去は捉え方さえ変えてしまえば、
マイナスなものでもプラスに変わるのです。

 

生方千加子も、
塚本つくしが失敗した過去からマイナスの影響を受けていたのを、

「あんたが失敗したの過去は未来の勝利にとって必要なものだった」

と捉えなおして、
塚本つくしのエネルギーを高めたのです。

過去を再定義することを学べるこの名言を日常生活に活かす

生方千加子がしていた、
「過去を再定義すること」ですが、

こういう意識って大事だし、日常生活にも応用できますよね。

 

どんだけ苦しい過去でも、”捉え方”で全て変わるのです。

 

例えば、僕は中学で野球をやっていました。

 

硬式のクラブチームなので、
練習もめちゃくちゃきつかったです。

 

正直、地獄でした。

 

辞めたいと思ったこともあるし、
あまりのストレスで、
円形脱毛症になったことだってあります。

 

だから、僕は一時期、
過去を恨んでいました。

野球なんてやらなければ良かったと思っていました。

 

しかし、今現在から、
その過去を見つめなおしてみると、
僕が野球で苦しんでいた過去は、

「忍耐力」だったり、
「嫌なことに縛られず自由に生きるべき」

といった、今の生き方を反映するような、

教訓をもたらしてくれているものだと分かりました。

 

そう考えると、
僕の過去はマイナスからプラスに変わったのです。

 

自分の過去(特に苦しかった時)を思い出して、
そこから何を学べるか。

 

それを、ぜひ実践してみてください。

思ったよりも苦しい経験というのは大きな財産になっているものです。

評価は人がするけど限界は自分で決めるモノ

僕なりの考察も加えてみましたが、
さっきのセリフ、純粋にやる気出ますよね。

どこまでも限界突破が出来そうな気がしてきます。

 

確かに、人が本気で挑戦して努力して、
成せないことなんてこの世には何一つないんですよね。

 

もし、今何かが上手くいかないなら、
それは本気の本気でやっていないか、
やり方が間違っているかのどちらかです。

 

僕も大学3年から、
就職を放棄してビジネスに取り組んでいますが、
365日、毎日本気で努力できたか?

 

というと、そうではなかったです。

 

時にさぼってしまう時もありました。
実力不足で劣等感に溺れそうな時もありました。

 

なんか、上手くいかないときに限って、
自分で限界決めていることって多いんですよね。

 

僕の好きな言葉で、
「評価は他人がするけど限界は自分で決めるもの」
というものがあります。

今回の名言を聞いて、それを思い出しました。

 

限界なんてないんですよね。

 

やりたいことがあるのなら、
それをとことん本気で挑戦すること。

そうすれば勝手に他人が評価をしてくれます。

 

けれど、そんな評価すらも気にする事はないです。

 

だって自分の人生ですし、
他人の評価を気にするよりも、
自分の限界と向き合っている人の方がかっこいいじゃないですか。

 

しかも、そういうストイックな人に限って、
勝手に周りからの評価は上がっていきます。

 

まずは結果さえ出せばいいんですよね。

 

だから、もし、
今自分が挑戦しようとしていること。

それにケチを付ける人がいたら、
自分の限界ととことん向き合って、
何かを成し遂げて、見返してやりましょう。

 

僕はそのつもりでビジネスをしています。

そういったエネルギーは大きな力になります。
方向さえ間違えなければ心強いです。

極論:失敗と修正の繰り返しで成功は可能である

つまるところ、
人が何かに本気で挑戦して努力して
成せないことなんてこの世にはないですし、

 

それをもっと理論的にいうなれば、

「失敗と修正の繰り返し」
で、

成功は可能になります。

 

例えば、今回のDAYSのシーンでも、
塚本つくしは、大事な場面でゴールを外しました。

 

だけど、だからこそ、
次回からの修正が可能です。

次はもっと慎重に、絶対に決まるように打てばいいのです。

 

シュートに自信がなければ、
その分人より努力すればいいのです。

「悔しい気持ちがあるからこそ人は強くなる」

なんて言葉もありますけど、
今回はそれが身に染みるようなシーンだったと思います。

 

ビジネスでも一緒です。

 

例えば、ブログ書いて、
メルマガ書いてみて、
全然反応がこないのなら、

何かしら、やり方が間違っているということです。

 

その間違いに気づければ、
後は修正するだけで、成功は可能です。

 

もっと具体的にいうなれば、
集客して、リストが取れないなら、
アクセスが足りないか、LPのクオリティが低いか、
そのどちらかに原因があります。

 

じゃあ何をすればいいかっていうと、
純粋にアクセスを増やすか、

もしくは、LPのクオリティを高めればいいのです。

【成約率30%越え】クオリティの高いLPの作り方
(詳しくはこちらから)

 

こう考えると、本当に成せないことなんてないですね。

 

僕も理想の未来に向かって突っ走ります。

では

電子書籍を無料で受け取れます。

 

僕は大学在学中に起業し、

経済的自立を達成しました。

 

ネット上でお金を稼ぐことは、

怪しいことだと思われがちです。

 

また、才能ある人にしかできないと思われがちです。  

しかしそれは全て違います。  

僕は元々ビジネスができるわけではなかったし、 自信もなかったし、コミュ力も低い貧乏大学生でした。

 

喋りも、文章も、何もできなかったです。   そんな僕でも正しい情報に出会い、 正しい努力をしたところ、

 

大変なこともありましたが、

無事に経済的自立を達成することができました。

 

なので、もちろん就職は放棄します。

 

結局、起業して成功するには、

死に物狂いで行動すればいいだけなのだと悟りました。

 

それも、半年あれば十分です。

 

「学んで実践」の繰り返しで、 誰でも自信を持つことができるし、 Web上で稼ぐことは可能です。

 

一歩踏み出すだけでも違います。

  あなたがビジネスに出会い、

興味本位でもその世界に飛び込めば、   成功して、自由な生活を送るのも可能なのです。

 

ただなんとなく怪しいとか、 自分には無理だと決めつけて、

それまでと変わらない生活を続ければ、

 

得られていたはずの自由な生活は失われるでしょう。

 

どっちを選ぶかはあなた次第ですが、

僕は、ビジネスという武器を手に入れて、

人間関係も、健康も、名誉も、知識も、お金も、時間も、

 

全ての悩みを解決した方がいいと思います。

 

実際、僕が実践して良かったなと思っているので。

 

そのきっかけとして、

僕が経済的に自立するまでのストーリーを、

電子書籍の中でお話しています。

 

サクッと読んでみてください。

 

期間限定で1000円のところを無料で配布しています。

 

電子書籍「人生は循環で変わる」を無料で読んでみる

 

メールアドレスを入力すると、すぐ受け取れます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ピックアップ記事

  1. 億のビジネスをする呉服業界から学ぶLTV(顧客単価)のお話
  2. コンサート会場設置アルバイトで頭引っ叩かれて超悔しかったのを思い出した
  3. 【成約率30%越え】クオリティの高いLPの作り方
  4. 教育に特化して道を切り開く方法、メルマガに使える教育6つの型。
  5. 集客の4大構成要素を極めていけばリストは取れる

関連記事

  1. ほんこんのオススメ記事

    「GACKTの勝ち方」からモノが売れる理由を学んでみた

    どうも、ほんこんです。先日、ストイック日本…

  2. こうすれば必ず人は動く(表紙)
  3. 自己啓発

    10年後にパーフェクトを目指す。与沢翼のTwitterを見て思ったこと。

    こんにちは、ほんこんです。今日は、「心持ち…

  4. ほんこんのオススメ記事

    実写版キングダムをアドラー心理学の視点で見てみる

    こんばんは、ほんこんです。この前、一番見た…

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。