30分にエネルギーを注ぎ込む!

どうも、ほんこんです。

今日はライティングに関するお話をしようと思います。
「文章を書く作業」が上手くいかない人に見てもらえたらなと。

 

さて、僕が日常生活を送っていて思うのが、
「エネルギーの限界量」です。

人間には、1日で使えるエネルギーが限られていて、
それを使い切ったら疲れるし、眠くなるし、体は休息を求めます。

 

そしてエネルギーというのは、
僕は大きく分けて2つに分類されると思っていて、
それが

・肉体エネルギー
・精神エネルギー

この2つです。

 

肉体エネルギーというのは、
文字通り体を使うことで消費するエネルギーのことです。

 

例えば、エネルギーの上限が
肉体と精神それぞれ100ずつあるとするならば、

1日中外でサッカーをしていた人は、
肉体90、精神40、位のエネルギーを消費していきます。

 

なぜ精神もすり減るかっていうと、
プレー中に動き方を常に考えるし、
チームの役に立つ、というプレッシャーもかかるからです。

 

じゃあ精神エネルギーって何なのか?
というと、

今の話からも分かるように、
「頭で考えること」をした時に消費するエネルギーのことです。

 

肉体とは逆ですね。

 

だから、よく仕事を分類するのにも、
肉体労働と頭脳労働に分けられていますよね。

 

で、僕のような人の場合だと、
「考えて文章を書く仕事」をしているので、
肉体エネルギーよりも、精神エネルギーの方がよく使います。

 

数値で表すならば、
肉体20、精神100程の割合です。

(まぁ厳密にいうと、
「考えないで書く」こともあるんですけど、
ややこしくなるので、ここでは触れないでおきます。)

 

さてこう考えると、文章をよく書く人は、

「精神エネルギーの使い方」

をマスターする必要があります。

 

1日の中で使うエネルギーが、
精神エネルギーの方が多いので、
扱いに慣れておいた方が何かと便利なのです。

 

これが出来るようになると、
作業効率が一気に上がります。

 

何故かっていうと、
これは格闘技をイメージして頂くと分かりやすいです。

格闘技でも、結果を出す人って、
こぞって「体の使い方」が上手いです。

 

例えばK-1とか見ていても、

戦っているのは同じ人間で、
腕も足の数も同じなのに、なぜか強さに差が出ますよね。

 

それはなぜか?

 

もちろん、戦略の部分だったり、
フィジカルの強さっていうのもあるんですけど、
強い人皆に共通しているのは、
体の使いこなしなのです。

 

これは自分で試すと分かるんですけど、
パンチを打つ時って、

腰を入れるか入れないかで、
大分威力が変わってきます。

 

強いパンチを打つには、
必ず下半身と上半身を連動させる必要があるのです。

 

興味ある人は試してみてください。

その場に立って、手だけで打つか、
しっかり構えて、腰を回転させて打つか。

威力がすごく変わるはずです。

 

要はそれと同じで、

素早く、
たくさん、
質の高いものを作る。

この3つができる人は、
必ず精神エネルギーを使いこなしているのです。

 

じゃあその上手な
エネルギーの使い方は何か?っていうと、

それが
「分散と集中」なのです。

簡単にいえば、優れた人は、
エネルギーを使う時に
メリハリをつけるということです。

 

分散すると力は弱くなり、
集中すると、力は強くなります。

 

格闘技でもこの考えが応用できます。

 

例えば、相手を蹴る時にも、

・足全体を使い、面で当てるのか、
・底足部(足の裏)で、点で当てるのか、

これを意識するだけでも、
相手に伝わるダメージは変わります。

 

風船に穴をあけたい時に、
必死に素手で殴るより、
ペンを使って突き刺す方が割れやすいのと一緒です。

 

要はそのようにして、
良いコンテンツを沢山作れる人というのは、

「面よりも点」を意識しています。

 

文章を書く作業で考えてみても、

 

だらだらと3時間かけて作るか、
それとも30分で一気に仕上げるか、

 

この2つの差は大きいです。

 

30分で書いた方は、

スピード感があって勢いある文章になるし、
エネルギーが集中しているので、
そのコンテンツには強い力が宿ります。

 

「でも長い時間をかけた方が良いものって出来るんじゃないか?」

という人もいるんですけど、

僕的にはそれと真逆の考えで、

かける時間は短くすればするほど良いし、
効率的にも、質的にもそれが一番だと思ってます。

 

だらだらやっても、
エネルギーが分散されるだけなんですよね。

 

経験したから分かるのですが、
だらだら、2時間も3時間も推敲して書いた文章より、
30分で一気に書き上げた文章の方が、

読みやすくて、好評のモノが多かったです。

 

だから思うのが、全てにおいて、

「凝縮する」

ということは非常に大事です。

 

面よりも点、
分散より集中、
拡散より凝縮、
長いより短い、

 

いかに、そこにエネルギーを込めるかです。

 

これは何事においても言えると思うんですよ。

確かに、恋人とのデートとかだったら、
たまにはお家でゆっくりして、
ゆったりとした時間を過ごすのもいいんですけど、

 

「コンテンツを作る」とか、
「文章を書く」とか、
「野球の練習をする」とか、

とにかく効率と質が求められるものには、
エネルギーを凝縮する考えが有効だなと。

 

なので僕は普段から、
とにかくエネルギーを凝縮することを意識しています。

 

だから、ブログを書く時も、
メルマガを書く時も、

この考えを採用してからは、
「30分で全てを込める」という気持ちで書きあげています。

 

それをする様になってから、
明らかにコンテンツの質も変わったし、
量もどんどん増やすことができました。

 

かなり効率的な手法だと思うので、

普段の作業の時から、
「文章を書く」ではなくて、

「エネルギーを注ぎ込む」
というマインドで取り組んでみてください。

 

最初は、速く書くのが難しいんですけど、
筋トレと同じように、やればやるだけ伸びてきます。

僕にできて、あなたにできないことは
絶対に無いと思うので、
ぜひ挑戦してみてください。

 

ちなみに、タイマーで測ってやると、
追い詰められて底力が発揮されます笑

 

というわけで、今日は以上です。

 

最後までお読み頂き有難う御座いました。

 

電子書籍を無料で受け取れます。

 

僕は大学在学中に起業し、

経済的自立を達成しました。

 

ネット上でお金を稼ぐことは、

怪しいことだと思われがちです。

 

また、才能ある人にしかできないと思われがちです。  

しかしそれは全て違います。  

僕は元々ビジネスができるわけではなかったし、 自信もなかったし、コミュ力も低い貧乏大学生でした。

 

喋りも、文章も、何もできなかったです。   そんな僕でも正しい情報に出会い、 正しい努力をしたところ、

 

大変なこともありましたが、

無事に経済的自立を達成することができました。

 

なので、もちろん就職は放棄します。

 

結局、起業して成功するには、

死に物狂いで行動すればいいだけなのだと悟りました。

 

それも、半年あれば十分です。

 

「学んで実践」の繰り返しで、 誰でも自信を持つことができるし、 Web上で稼ぐことは可能です。

 

一歩踏み出すだけでも違います。

  あなたがビジネスに出会い、

興味本位でもその世界に飛び込めば、   成功して、自由な生活を送るのも可能なのです。

 

ただなんとなく怪しいとか、 自分には無理だと決めつけて、

それまでと変わらない生活を続ければ、

 

得られていたはずの自由な生活は失われるでしょう。

 

どっちを選ぶかはあなた次第ですが、

僕は、ビジネスという武器を手に入れて、

人間関係も、健康も、名誉も、知識も、お金も、時間も、

 

全ての悩みを解決した方がいいと思います。

 

実際、僕が実践して良かったなと思っているので。

 

そのきっかけとして、

僕が経済的に自立するまでのストーリーを、

電子書籍の中でお話しています。

 

サクッと読んでみてください。

 

期間限定で1000円のところを無料で配布しています。

 

電子書籍「人生は循環で変わる」を無料で読んでみる

 

メールアドレスを入力すると、すぐ受け取れます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ピックアップ記事

  1. 会社は学校じゃねえんだよ!夢を持つ全ての若者に捧ぐ。
  2. 「翼を生やしませんか?」の一言で日本を制す。 レッドブルガールから学ぶマーケティ…
  3. ”One source Multi-use”の考え方を持つと情報発信が楽になる。…
  4. 花火と人とビジネスと。(花火大会行ってきました)
  5. 【実写版】進撃の巨人×コンテンツビジネス

関連記事

  1. ほんこんのオススメ記事

    月収100万は通過点。ほんこんの過去+理念「五徳の概念+α」について

    はじめまして、本多です。ネット上では、ほんこんと名乗っています…

  2. ほんこんのオススメ記事

    「GACKTの勝ち方」からモノが売れる理由を学んでみた

    どうも、ほんこんです。先日、ストイック日本…

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。