「おれにできねェ事をお前がやれ!!!」というサンジの名セリフについて

こんにちは、ほんこんです。

 

今回は「強みを活かす」
ということをテーマにお話していきます。

 

・・・この前、ワンピースの名言を見てて、
エニエスロビー編での、サンジのセリフに目がいきました。

ーーーここからーーー

「誰にも出来る事とできねェ事がある。

お前にできねェ事はおれがやる。

おれにできねェ事をお前がやれ!!!」

ーーーここまでーーー

 

これは、サンジが「エニエスロビー編」で、
近接戦に負けて落ち込んでいた、
ウソップに対して言った言葉です。

 

これ、凄く大事なことを言ってると思います。

 

そもそも、普通に戦うのが苦手なウソップが、
近接戦をしているのがまずおかしいんですよね。

 

サッカーでポジションがFWなのに、
「今日はおれがゴールを守るんだ!」
とかいって、必死にキーパーやってるような人がいるくらい不思議です。

 

周りからしてみれば、
「いや、頼むからFWで仕事してくれ…」
って感じ。

 

それと同じでウソップは、
自分の強みを忘れてしまって、
完全に「負けパターン」の行動しかできていなかったのです。

 

FWがキーパーをやったら、
シュートを決められて負ける。

狙撃手が近接戦に挑んだら、
ボコボコにされて負ける。

 

冷静に考えて、これは当たり前のことです。

 

特にスポーツや戦いにおいては、
相手との相性だってあるし、自分がなるべく有利な位置で戦うのも重要なことです。

 

本当に強い人は、勝ちパターンが分かっているのです。

 

例えばビジネスでも、成功者はそのパターンを理解しています。

 

圧倒的な成功をする人って、
「他の人にできること」をしません。

 

情報発信ビジネスなら、
成功している人に限って、
「自分の世界観」で発信しています。

 

誰かのパクリとか、
知識をそのまま発信するとか、
そういったことが全くないのです。

 

知識に加えて、絶対に、
自分の知識を加えていたり、
専門的に学んだ学問のフィルターを通していたり、
アナロジー(類似)な例を使って説明したり、

 

「普通」な人がいないんですよね。

 

みんな、何かしらの武器を持っています。

 

それはなぜかっていうと、
それが、勝つために必要であることを知っているからです。

 

逆に、弱い人は、
それを全く理解していません。

相手との相性も分からないし、
自分がどこで戦えばいいかもわからないし、
自分の強みも、よくわかっていないのです。

 

これって、凄くもったいないですよね。

 

誰しも、必ず1つは強みを持っているはずなんです。

もちろん、今は何もなくとも、
そのポテンシャルを秘めている可能性があります。

 

だから、まずは自分の武器を持つこと、
理解することから始めるのが良いでしょう。

 

情報発信ビジネスであれば、
ある程度の時間取り組んでいけば、
それ(自分の武器)は明確に分かるはずです。

 

集客なのか、教育なのか、販売なのか?
といった得意分野だったり、

歴史なのか、哲学なのか、
物理学なのか、数学なのか、
といったフィルターの価値だったり、

 

自分なりの、長所があるはずです。

 

それを見つけられたのなら、
後はそれを専門的に伸ばしていけば、
まず食いっぱぐれることはないでしょう。

 

後、今回のセリフから思ったのが、
「自分にしか作れないコンテンツを作る」
ということの重要性です。

ブログ記事なんかを見ても思うのが、
何を書けばいいか困った時に、
「とりあえず無難な記事を書こう」
っていう人が多いことです。

 

ワードプレスの設置方法とか、
そういったSEO対策系の記事ですね。

そういう記事は、いってしまえば、
「誰にでも作れるコンテンツ」であり、
あなたじゃないといけないってこともありません。

 

もちろん、SEOで集客をしていくのも大事なんですけど、

 

「SEO対策の記事でファンはできない」

という事実は、知っておくべきです。

 

誰にでも作れるコンテンツだし、
そういった記事からは、「新しい気づき」が少ないです。

 

特に情報発信ビジネスにおいて、
価値というのは、
「相手がそれまで気づかなかった魅力に気づかせること」
であり、

 

その価値提供をするのに必要なのが、
「自分の世界観」です。

 

さっきも言ったように、
情報発信ビジネスをしている人では、

歴史の視点からビジネスを語ったり、
物理学、数学的な視点でコンテンツを作ったりしている人がいて、

 

普通の知識に加えて、
そういった「新しい視点」が加わることで、
初めてコンテンツに価値が付加されていくのです。

 

だから、ブログでアクセスを集めることに躍起になるのは、手段と目的が入れ替わっている、ということになります。

 

僕らの目的は、あくまで、
「企画(商品)に参加してもらって、最大限の価値を与えること」
であり、ブログでアクセスを集めることではありません。

 

アクセスを集めても、
あなたのファンが増えなければ、
あなたから商品を買ってくれる人は一向に出てこないんですね。

 

なので、これからブログを作る人であれば、
アクセス用記事に加えて、
「ファン化記事」も作るといいです。

 

ファン化記事っていうのは、
ごくシンプルにいえば、
自分の世界観が詰まったコンテンツのことです。

 

他の誰にも作れなくて、
「自分だからこそ作れるコンテンツ」。

これも意識して、情報発信力を鍛えて、
資産を作っていくのが、成功の一番の近道だなーと。

 

今日はこんなところで!それでは。

電子書籍を無料で受け取れます。

 

僕は今、人生を楽しめる仲間を増やすために、

周りの人を進化に巻き込みながら、活動しています。

特に、人を楽しませて「新たな気づき」を価値として提供する、

テーマパーク型のビジネスに取り組んでいます。

 

イメージで言えば、ディズニーランドです。

楽しませる事を重きに、自分の世界をひたすら構築しています。  

僕は元々不器用だったし、大学では夢も力もお金も無く絶望していました。 バイト先では、よく店長に怒られていました。

 

そんな僕でも、ビジネスに出会い、 夢中になって仕組み作りをしていたら、 気付けば僕には付いてきてくれる仲間が増えていました。

 

メルマガの中でも、

たくさんの人の意見を取り入れたり、

 

まずは僕と同じレベルにまで来てもらうために、

今まで学んできた情報も惜しみなく公開しています。

 

なので、少しでも興味があれば参加してみてください。

 

大学では到底学べない、これからの未来に本当に役立つ生き方を学べるようにしてあります。

 

正直、資産を作ることは誰にでも出来る事ではないです。 でも、この世界に一歩踏み込む勇気と、 それだけの行動力があれば、1年もあれば人生を変える事だって可能です。

 

僕は周りの人を進化の連鎖に巻き込み、

人生を楽しめる仲間を増やしていきたいです。

 

ただお金稼ぎの為にビジネスをやるのではなく、 お金を稼いでからも進化し続ける姿が理想です。

 

そうすれば、1人1人の人生がより豊かになって、 進化の連鎖が起こり続けると考えています。

 

そういった信念から、僕がどのようにビジネスに取り組んで、どんなことを学んでいったのか。

 

その体験を、メルマガの中でお話しています。

また、電子書籍ではビジネスの基礎が学べるようになっています。

 

30分程度でサクッと読めると思うので、

もし興味があれば読んでみてください。

 

電子書籍「起業力~労働から解放されるための1冊~」を無料で読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ピックアップ記事

  1. 札幌にあるフレアバーesに行ってきた。YAZAWAコークハイボールとの出会い
  2. 【物語】バーテンダーアンドリューの一生。ジェシカとの幸せ、時すでに遅し。
  3. 10年後にパーフェクトを目指す。与沢翼のTwitterを見て思ったこと。
  4. 「翼を生やしませんか?」の一言で日本を制す。 レッドブルガールから学ぶマーケティ…
  5. 花火と人とビジネスと。(花火大会行ってきました)

関連記事

  1. ほんこんのオススメ記事

    思考=道具という視点からみたビジネスと哲学のお話

    こんにちは、ほんこんです。今日は、「思考」に対する概念を変…

  2. ほんこんのオススメ記事

    30分にエネルギーを注ぎ込む!

    どうも、ほんこんです。今日はライティングに関するお話をしようと…

  3. コンテンツビジネス

    【実写版】進撃の巨人×コンテンツビジネス

    こんにちは、ほんこんです。これは大分前の話…

  4. コンテンツビジネス

    与沢翼の動画見たら集客の概念変わった話。バイラルの力。

    バイラル(口コミ)が起こるコンテンツを作れば、…

無料で電子書籍が読めます。ビジネスの本質を突いた「起業力」を付ける1冊

  1. マインド系

    【成功マインド】大富豪になるには24個の掟を守る必要があった
  2. ブログ

    会社は学校じゃねえんだよ!夢を持つ全ての若者に捧ぐ。
  3. ネットビジネス

    札幌にあるフレアバーesに行ってきた。YAZAWAコークハイボールとの出会い
  4. ブログ

    「翼を生やしませんか?」の一言で日本を制す。 レッドブルガールから学ぶマーケティ…
  5. ネットビジネス

    花火と人とビジネスと。(花火大会行ってきました)
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。