形而上学的な発信と聖地エルサレムのお話

こんにちは、ほんこんです。

今日は、
「実績がない人でも情報発信はできる」
というテーマでお話します。

というのも、
「実績もないのに人に教えていいんでしょうか?」
という質問をもらうことがあるからです。

形而上学と聖地エルサレム

その問題を解決するのが、
形而上学(けいじじょうがく)を理解することです。

 

「とりあえずそれ(その結論)で進もう」

 

という学問のことです。

 

例えば、宗教にしても、
崇めている神様が存在するかしないかなんて、
説明は尽きません。

 

なのに、「聖地はエルサレムである」
(キリスト、イスラム、ユダヤ教のお話)
という話をするのは、形而上学であるということが分かります。

 

エルサレムを巡って争いをするのも、

 

キリスト、イスラム、ユダヤの人みんなが、

「とりあえず神がいるって前提で進めよう。」

と思っているから、それが起こってしまうのです。

 

つまり、形而上学的な考えがあるから、
聖地エルサレムは、宗教を信仰にする人にとって、
「神聖な地」であると認識されるんですね。

 

もっと身近な話に落とし込んで言えば、
「サッカー漫画を読むとサッカーが上手くなる」
という説明をするときに、

 

「なぜサッカーが本当にうまくなるのか?」
ということを科学的に説明できないのに、説明できるのと一緒です。

 

「サッカー漫画を読めば上手くいく」
っていう結論を出して、

 

・戦略が分かるから
・鳥瞰的視点で物事を見る能力が身に付くから
・プレーの基準値が上がるから

などといった説明を続けていきます。

 

根拠は説明できないけど、
これを聞いたら、一応説得力があると思います。

 

戦略が分かるのも、サッカーが上達する秘訣だし、
鳥瞰的(鳥の様に上から物事を見ること)視点があれば、良いプレーができる理由も、なんとなくわかるからです。

 

100%正解が全てではない

だから、誰かが納得できたり、
役に立つものならOKってことです。

「100%を証明できないものは正しくない!」
ってことはありません。

 

ただ、あまりにも飛躍的なものは、
形而上学とは言えません。

 

例えば、
「サッカー漫画を見ればプロサッカー選手になれる」
とか言われても、これは違うわけです。

 

もちろん、何%かの人は信じるかもしれませんが、
「ほとんどの人が納得しない」からです。

つまり、科学的に証明できないこと以外の話は、
「信じる人の数」で決まるともいえます。

 

情報発信=形而上学的な発信でOK

で、今お話ししたことを前提に話すと、

 

情報発信は
「形而上学的な発信でOK」
ということになります。

 

確かに、まだ実績がない段階では、
「自分で成功したデータ」
「正しいと確証できる理論」

こういったものはありませんが、

 

「ほとんどの人が納得する情報」は、発信できるわけです。

 

だから「何をすれば成功するか」
とかを、自分がしっかりと学んで、
その上で分かりやすく発信していけば、

 

それは、ほとんど正しいことなのです。

 

何も、数学の証明をするわけじゃありません。

 

数学の証明だったら、
「AはDである」という結論を、

「AならばB」、
「BならばC」、
「CならばD」、
つまり、「AならばD」

という風に、1つ1つ、
証明をしなければいけない壁を、
確実に超えて証明をする必要があります。

 

だけど、情報発信であれば、
ここまで深く(具体的に)証明しなくても、

 

「ある程度合っていたら、ゴールに辿り着ける」

 

という事を発信できればOKなのです。

 

文章力向上のために写経をするにしても、
その根拠を、超具体的に、証明をするように話さなくても良いのです。

 

写経をするのは、感覚を身に付ける上で重要です。

 

上手い人の文章を何万文字も写経することで、
その人の感覚が、自分にも身についてくるのです。

 

だから、写経をすれば、自分が文章を書く時に、
「自然と、分かりやすく面白い文章」
になるような、

・行間
・改行
・言葉遣い

ができるようになります。

 

このことは、具体的には説明できません。

 

「なんとなく、感覚が分かるんだよね。」
としか言えません。

 

でも、実際に写経をすれば、
文章力はどんどん上がっていきます。

具体的に説明しなくても、
誰かの役に立つし、成功出来るんです。

 

というわけで、実績がなくても、
ちゃんとした証明ができなくても、

 

「とにかく自信を持って発信する」

 

ということを意識していきましょう。

 

もちろん、実績がないことが、
情報発信できないハードルになっている人のためでもあるんですけど、

もう一つ理由があって、
それは、自信を持って発信する人の文章には、
「オーラが宿る」からです。

 

これも、科学的には証明できません。

 

だけど、間違いなく良い文章が書けるようになります。

自信と文章力は、比例します。

 

だって、自信がない人の文章は、
語尾に自信の無さが表れるからです。

 

「だと思います。」
「恐らく、こうでしょう。」

自信を持って言い切れないから、
どこかオーラの無い文章になりますよね。

 

だから、自信を持って発信していきましょう。

 

自信を持つことは、
メリットしか無いのです。

やらなきゃ損ですよね。

 

ただ、一つだけ気をつけるべきなのは、
「なるべく、正しいことを言うようにする」
ということです。

 

いくら証明できなくて良いとしても、
間違っていそうなことを話すのは、誰の得にもなりません。

 

それさえ気をつければ、
詳しく証明できないことでも、
「なんとなく合っている」ことを発信すればOKです。

なんとなくで進んじゃおう

最後になりますが、
この、「なんとなく」というマインドで行動できれば、

結果が出るのも早くなります。

 

「なんとなく、こっちが合ってる気がする」
「なんとなく、こうした方が良いと思う。」

 

正しい情報を集めた上で、
自分がそう思うのあれば、
思い切って、その行動をしてみましょう。

 

もしそれが間違っていたとしても、
修正をかければ、問題ありません。

1カ月やってだめなら、
次の1か月で、改善すればいいのです。

 

ちなみに、成功者は、
この「なんとなく」の感覚が優れています。

「直感」とも言えるんですけど、
長年ビジネスをやってるとそういった嗅覚が身に付くので、

 

なんとなくでも、正しい方向に進めるのです。

 

というわけで、この感覚を持って、

どんどん情報発信もしていきましょう!

 

今回は以上になります。

 

それでは!

電子書籍を無料で受け取れます。

 

僕は今、人生を楽しめる仲間を増やすために、

周りの人を進化に巻き込みながら、活動しています。

特に、人を楽しませて「新たな気づき」を価値として提供する、

テーマパーク型のビジネスに取り組んでいます。

 

イメージで言えば、ディズニーランドです。

楽しませる事を重きに、自分の世界をひたすら構築しています。  

僕は元々不器用だったし、大学では夢も力もお金も無く絶望していました。 バイト先では、よく店長に怒られていました。

 

そんな僕でも、ビジネスに出会い、 夢中になって仕組み作りをしていたら、 気付けば僕には付いてきてくれる仲間が増えていました。

 

メルマガの中でも、

たくさんの人の意見を取り入れたり、

 

まずは僕と同じレベルにまで来てもらうために、

今まで学んできた情報も惜しみなく公開しています。

 

なので、少しでも興味があれば参加してみてください。

 

大学では到底学べない、これからの未来に本当に役立つ生き方を学べるようにしてあります。

 

正直、資産を作ることは誰にでも出来る事ではないです。 でも、この世界に一歩踏み込む勇気と、 それだけの行動力があれば、1年もあれば人生を変える事だって可能です。

 

僕は周りの人を進化の連鎖に巻き込み、

人生を楽しめる仲間を増やしていきたいです。

 

ただお金稼ぎの為にビジネスをやるのではなく、 お金を稼いでからも進化し続ける姿が理想です。

 

そうすれば、1人1人の人生がより豊かになって、 進化の連鎖が起こり続けると考えています。

 

そういった信念から、僕がどのようにビジネスに取り組んで、どんなことを学んでいったのか。

 

その体験を、メルマガの中でお話しています。

また、電子書籍ではビジネスの基礎が学べるようになっています。

 

30分程度でサクッと読めると思うので、

もし興味があれば読んでみてください。

 

電子書籍「起業力~労働から解放されるための1冊~」を無料で読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ピックアップ記事

  1. 【物語】バーテンダーアンドリューの一生。ジェシカとの幸せ、時すでに遅し。
  2. 札幌にあるフレアバーesに行ってきた。YAZAWAコークハイボールとの出会い
  3. 歯磨きの事実と時間の話(もっと早く知りたかった)
  4. 会社は学校じゃねえんだよ!夢を持つ全ての若者に捧ぐ。
  5. 【実写版】進撃の巨人×コンテンツビジネス

関連記事

  1. マインド系

    情報デブと情報マッチョの違い。成功法則について。

    こんにちは、ほんこんです。今回は、一種の成…

  2. ネットビジネス

    現状に期待しすぎたらゲームオーバー

    こんにちは、ほんこんです。今回は、現状には…

  3. マインド系

    ONEPIECEのルフィから学ぶ成功法則とは

    こんにちは、ほんこんです。世の中には、「センスで成功する」…

無料で電子書籍が読めます。ビジネスの本質を突いた「起業力」を付ける1冊

  1. ブログ

    「翼を生やしませんか?」の一言で日本を制す。 レッドブルガールから学ぶマーケティ…
  2. メルマガ

    【物語】バーテンダーアンドリューの一生。ジェシカとの幸せ、時すでに遅し。
  3. ネットビジネス

    花火と人とビジネスと。(花火大会行ってきました)
  4. ネットビジネス

    10年後にパーフェクトを目指す。与沢翼のTwitterを見て思ったこと。
  5. ブログ

    会社は学校じゃねえんだよ!夢を持つ全ての若者に捧ぐ。
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。