誰もがつまづくであろう世界観と文章力のお話

こんにちは、ほんこんです。

 

新たな1年が幕開けしてから、
8日目を迎えましたね。

1年後に後悔したくないので、

僕は現在、メルマガの仕組みを作り直している所です。

 

さて、今回は僕が、
「去年苦戦していたこと」
を、2つだけお話していきたいと思います。

 

特に、これからビジネスを始める人は抱える悩みだと思うので、

その悩みの解決に繋がればと思い、書いてみました。

 

僕は、去年の4月頃にこの業界に参入し、
今まで、たくさんの勉強をしてきました。

それこそ、最初の1か月、2カ月間は、
ひたすら音声学習の繰り返しです。

 

大学に行く時も、地下鉄の中でも、
車を運転している時でも、風呂の中でも、
ただひたすら、買った教材の動画を聴き続けていました。

 

その結果、ある程度の実力はついたんです。

 

ただ、その2カ月を終えて、
そこから自分の「仕組み」を作り始めるのですが、

 

僕の目の前に、大きな問題が立ちふさがりました。

 

それは何かっていうと、

1.自分の世界観(フィルター)の質が低いこと
2.文章力がなさすぎること

この2つです。

 

1.自分の世界観(フィルター)の質が低いこと

自分の世界観の質が低いっていうのは、

「価値を提供する能力が無いに等しい」

という状態です。

 

というのも、僕らがやっている情報発信ビジネスというのは、

 

元々価値のないものに、
「価値を付加させるもの」だからです。

 

「価値のないものに価値をつけるなんて、
そんなの詐欺だろ!」

 

って思うかもしれないですけど、
言ってしまえば、この世の中にあるもので、
価値のないものは多く存在しています。

 

例えば、漫画だってそうです。

 

ワンピースという漫画は、
4億万部以上の発行部数を達成し、

「単一作者による世界で最も多く発行されたコミック」
という、ギネスの世界記録にまで認定されました。

名探偵コナンだと、2億部。
ドラえもんだと、1億部も発行されています。

 

他にも、ブランドのバッグにしても同じです。

 

ヴィトンのバッグにだって、
本来、何十万円の価値なんてないはずです。

機能だけを考えたら、
せいぜい2万~3万円しかないモノでしょう。

しかし、それに何十万円という付加価値がついています。

 

じゃあ、それらに、
「なぜそんなにも価値がつくのか?」

というと、
「ストーリーの力」だったり、
「そのブランドのコンセプト」であるのです。

 

強力な世界観があるからこそ、
そこに価値が生まれるんですね。

 

じゃあ、僕らがビジネスの情報発信をするのに、

自分の世界観の質を高めるには、
一体どうしたらいいのか?

 

というと、それはシンプルな話です。

「世界観(フィルター)の質を、徹底的に鍛えればいい」

ということです。

 

それは例えば、何か自分で、
専門的に、特化したことを学ぶとか、

インプットした知識を、
自分の世界観でアウトプットしていくとか、そういった事です。

 

「特化したことを学ぶ」
っていうのは、
できれば、学問を学ぶのが良いでしょう。

 

例えば、論理学、心理学、
物理学、数学、神学とかですね。

 

これはなんで学ぶ必要があるかっていうと、
1つでも、学問に特化したことを学んでいれば、
コンテンツを作る時に、自然とその学問が活かされるからです。

 

例えば、数学を熱中して学んだ人なら、
「数学的な思考」ができるようになります。

数学的な思考ができるということは、
「論理的に物事を考えられる力がある」
という事です。

 

「数学の証明問題」を解くしても、

A→D(AならばDである)というように、
いきなり、AからDに論理が飛ぶことは許されません。

 

きちんと、「A→B」、「B→C」、「C→D」がいえることを1つ1つ確認して、

『よって、「A→D」が言える』
というように、論理的に結論を導き出す必要があります。

 

ビジネスでも同じで、文章を書く時には、
「論理的に物事を説明する力」
というのは非常に大事です。

 

つまり、数学で証明ができる
「数学的思考力」があれば、

コンテンツを作る時も、
「誰がみても分かりやすいコンテンツ」
を作れるってことです。

 

このようにして、
「勉強をすること」でも、
自分の世界観の質は高めることができます。

 

だから、ビジネスのことだけを学ぶのではなく、
学問の視点を吸収していくことで、
より幅広く、面白い情報発信をできるようになるのです。

 

次に、
「インプットした知識を、自分の世界観でアウトプットしていく」

という事ですが、

これは、既にある知識や情報を、

・自分の世界観で再定義したり
・分かりやすい例えで話したり
・必要な情報以外をそぎ落としたり
・過去の経験に照らし合わせたり
・ストーリー仕立てにしたり
・一見関係ないものと組み合わせたり

 

こういった事です。
(ちなみにこのアウトプットの型はそのまま活用できるので是非。)

 

知識を、ただそのまま話すだけでは、
実はほとんど意味がありません。

知識や情報は、自分の言葉で発信して、
初めて「自分のもの(コンテンツ)」になるのです。

 

だから例えば、
「ステップメール」
について説明するにしても、

 

・自動でファンを作る装置
・読者が育っていく箱
・登録した人の人生を変える装置

とか、こういう風に、
自分の世界観で再定義していく必要があります。

 

「僕にとって、ステップメールとは、
理想の仲間を選別するための装置だ!」

 

とか、こんなことを書いても良いですよね。

 

だからとにかく、何か新しい知識や情報を得たのなら、

それを、さっきのアウトプットの型に当てはめてみてください。

 

僕はそうするようになってから、
確実に、自分の世界観(フィルター)の質は高まりました。

世界観については以上なんですけど、
最初にいった「専門的なことを学ぶ」っていうのは、

 

何も勉強だけじゃなくて、
「自分がこれまで熱中してきたこと」
があればOKです。

 

例えば、映画や漫画が大好きだったなら、

・ストーリーの構成
・面白い話に含まれている要素
・面白い例え話

とか、こういったことをビジネスに活かしていけるはずです。

 

情報発信をしているうちに、
どんどん自然と出てくるようになるので、
こういったフィルターのある人は有利ですね。

 

2.文章力がなさすぎること

次に、文章力が無さすぎること。
これも非常に苦しんだことでした。

「面白い文章が書けない」

という事実に、何回も頭を悩ませました。

 

最初の頃は、ブログを書こうとしても、
メルマガを書こうとしても、全く面白いものは作れなかったんです。

 

それがめちゃめちゃ悔しくて、
僕はほぼヤケクソになり、

「面白いってなんなんだ!?」
とか言って、一時期、
どこの誰に対してでもなく怒ってました(笑)。

 

当然、怒りのエネルギーを使っても、
問題は解決するはずもなく、

僕は、面白さを追求する戦いに明け暮れることになります。

 

そこで、たくさんのことを実践しました。

・コピーライティングの知識を学ぶ
・面白い人の文章を写経しまくる
・買った教材を勉強しまくる

最初は、この3つのことを中心にやっていました。

 

そこで、徐々に文章についての理解を深めます。

 

しかし、これだけでは、
面白い文章を書けるようにはなりません。

僕が求めているような、
面白い文章には程遠い完成度でした。

 

そんな僕の戦いに展開が起き始めたのは、
とある人の企画に参加してからです。

 

その人は、ネットビジネス業界では大御所とも言える人なんですけど、

 

その人は、
「コピーライティングの本をいくら読んでも、面白い文章を書けることには繋がらない」

というニュアンスのことを言っていました。

 

そこから、僕の戦いに革新が起き始めます。

 

「そうか、いくら堅いことだけを学んでも意味がないのか!」

 

それを学んだ僕は、
いわゆる「ビジネス系」の情報発信を学ぶだけでなく、

・映画のストーリーの構成
・好きな漫画の面白いと思った部分
・お笑い芸人のトーク術

こういった、一見ビジネスとは関係のないものだけど、

そこに、確実な「面白さ」があるものを分析し始めたのです。

 

するとそこには、文章を書く時に大事な
「エッセンス」がたくさん詰まっていました。

 

例えば、お笑い芸人の話なんかはかなり分かりやすいです。

 

お笑い芸人って、

「普通の日常」を、
「面白い話」に変える力を持っています。

 

例えば、
「人志松本のすべらない話」
なんかを見てもらうとイメージがつくはずです。

彼らは、普通に日常で起きた事を、
「少しオーバーに演出」したり、
「分かりやすいたとえ話」をしたり、
「最後にドカンと面白いオチを持ってくる」ことをしたりして、

面白いコンテンツ(話)を作り上げています。

 

じゃあ、これは、
すぐにでもビジネスに応用できますよね。

 

特にネットビジネスでは、
ステップメールを書いていくと思うんですけど、

そこに「ストーリー性」を加えるだけで、
面白く、みんなに読まれるようなメルマガにする事ができます。

 

お笑い芸人が、話の最後にオチを持ってくるように、

 

僕らも普段のメルマガの内容に、
「面白いオチ」を持って来ればいいのです。

 

ちなみにこれは、
「ピークエンドの法則」ともいうんですけど、

こういったことを実践していくことで、
今までより、段違いに面白いコンテンツを作ることができるようになります。

 

こういった風に、僕は、
「色んなことから面白い要素を取り入れる」
ということをして、

 

少しづつ、面白い文章が書けるようになってきました。

 

そして、そこから分かったのが、
「柔軟に発想することの大切さ」です。

 

特に、どうしてもビジネスを始めたばかりの時って、

ビジネス系の情報発信者のマネをしがちになります。

 

だから、ブログ記事を書く時、
あんまり面白くないと分かっていても、
「WordPressの設置方法」とかを書いちゃうわけです。

 

でも、僕が学んできて思うのが、
「大事なのはそこじゃない」
ってことです。

 

極論を言えば、ワードプレスの設置方法なんて、誰にだって書けることです。
だから、そんな記事は書かなくたっていいのです。

 

大事なのは、
「自分にしか作れないものを作ること」
です。

 

ワンピースでも、サンジのこんなセリフがあります。

 

「誰にも出来る事とできねェ事がある。
 
お前にできねェ事はおれがやる。

おれにできねェ事をお前がやれ!!!」

 

これを聞いたウソップは、
自分にしかできないこと(狙撃)をして、
エニエスロビー編で、ロビーの命を救う事になりました。

 

ビジネスでも同じで、
みんなと同じことをしていては、
誰も自分に付いてきてはくれません。

 

誰かのパクリだったり、
平凡なコンテンツだったり、
そういったものを量産しても、結果は出ないのです。

 

だから、僕が意識しているのは、
ブログ記事を書くにしても、メルマガを書くにしても、

「自分なりの世界観」を突き通すことなんです。

 

あらゆる知識、情報を、
自分にしか書けない形でコンテンツにすれば、
多少時間はかかったとしても、
自分についてきてくれるファンは増えます。

 

面白いコンテンツ(文章)には、人が集まるのです。

 

だから、もし僕が、
今の文章力を失ったとして、
またゼロからスタートするのであれば、

 

まずは、ビジネスの知識、情報を頭に詰め込んで、
そこから、自分の世界観で発信します。

 

インプットをした後に、
「ただただ学んだことをそのまま話す」
なんて事はしません。

 

映画のストーリーを分析したり、
数学を学んでみたり、漫画の例を使ってたとえ話をしたり、

 

そういった、工夫をし続けます。

 

そして、それを実践すると同時に、
「面白い文章を書く人」のコンテンツを、
写経しまくります。

 

これはさっきは言ってなかったんですけど、
写経をするのは、

「文章を書く感覚」を掴むのに最適です。

 

面白い文章を書く人には、
自分なりの表現だったり、行間だったり、
読点のつけかただったり、

 

そういった感覚を体に染み込ませることができるからこそ、オススメなんです。

 

やってみると、分かるはずです。

写経をする前の自分と、
写経をした後の自分では、
文章のクオリティが全く違うはずです。

 

特に、読みやすさは一目瞭然です。

 

一度写経してみて、
行間の空け方とか、読点の使い方とかを見比べてみてください。

絶対に変わります。

 

ということで、ここまで話しましたが、
ネットビジネスの業界を見ても、
「面白い文章を書く」ということを突き詰めている人は、思ったよりも少ないです。

 

だから、徹底的に鍛える事で、
周りのライバルと圧倒的な差を付けることができます。

 

それこそ、ビジネスの仕組みで大事なのは、

1番は企画(商品)の中身であり、
2番目はメルマガであり、
その次に、ブログ記事があります。

 

もし企画を作っても、
それが面白くなければ、
途中で飽きられてしまい、自分から成功者は出ません。

 

メルマガを書いたとしても、
それが面白くなければ、誰にも読まれること無く、
そもそも企画に参加されることがありません。

 

ブログ記事を書いても、
それが面白くなければ、
そもそもリストが入ってきません。

 

これからビジネスを始めるのであれば、
確実にぶつかる壁だと思うので、

早いうちに潰せるように、
日々、面白いコンテンツ作りを学んでいきましょう。

 

というわけで、僕が去年苦戦したことをお話してみましたが、どうでしょうか?

 

中には、同じ悩みを抱えている人もいるでしょう。

 

そこで僕が1つ確実に言えるのは、
「続けていれば、確実に突破口はある」
ってことです。

 

今、いくら自分の世界観で情報発信できなくても、
文章力が全然なくても、それは鍛えることができます。

例えば、筋肉がない人でも、1年間筋トレをすれば、
マッチョになることだって可能です。

 

それと同じように、
自分の世界観や文章力というのも、

「脳みそを鍛える」イメージで
思考&実践を繰り返せば、必ず成長していきます。

 

ここでの一番最悪なパターンは、
今できない自分に落ち込んで、行動できなくなることです。

 

最初にできないのは当たり前なので、
今の自分には期待せず、

だけど、「未来の自分の姿」には期待して、
ガンガン自分を成長させていきましょう。

 

今回はこんなところで。

それでは!

 

P.S.

現在、メルマガの仕組みを拡大して、
何か月後かには、コンテンツビジネスに関する企画を出していくつもりです。

 

僕は今年1年で、どんどん育てる側に回っていくつもりなので、お互い頑張っていきましょう。

 

後、これからビジネスを始める人には、

・情報発信力を鍛えること
・資産を構築する

この2点を中心に進めていってもらえればと思います。

 

情報発信力とは、今回も話した
「アウトプット」がまさにそうです。

まずは音声学習をして知識を常識にして、
そこから、自分の持つ情報を、

「分かりやすく、面白く、価値ある形で」
伝える練習をしていきましょう。

 

そのために、アウトプットの型が役に立つはずです。

 

やればやるほど、自分の世界観が構築されていくので、
質とともに、量も大事にしてやっていきましょう。

 

資産を構築するという事についてですが、

「資産」ってことを説明するうえで、
「金持ち父さん貧乏父さん」のお話が頻繁に例に出てきます。

 

著者のロバート・キヨサキによると、
「資産とは、お金を生み出してくれるもの」のことです。

 

特にネットビジネスでいうと、
「自動でお金を生み出してくれる」
ものの事なので、

 

・自動で読者を教育してくれるステップメール
・自動で集客してくれる装置(ブログ記事)
・自動でセールスをしてくれるセールスレター

こういったものを増やしていくのが、
「資産を構築する」ということです。

 

「今の自分には難しい!」

と思うかもしれませんが、

 

この資産というのは、
「お金、時間かけたら誰にでも作れる」
という特徴もあります。

 

なので、集客、教育、販売、
全ての仕組みを作るのには時間がかかりますが、

まずは情報発信力を鍛えて、
自分で面白いコンテンツを作る力を鍛え、
どんどん仕組みを作っていきましょう。

 

僕も、そのためのサポートをしていきたいと思っているので、一緒に頑張りましょう!

 

ではでは。

電子書籍を無料で受け取れます。

 

僕は今、人生を楽しめる仲間を増やすために、

周りの人を進化に巻き込みながら、活動しています。

特に、人を楽しませて「新たな気づき」を価値として提供する、

テーマパーク型のビジネスに取り組んでいます。

 

イメージで言えば、ディズニーランドです。

楽しませる事を重きに、自分の世界をひたすら構築しています。  

僕は元々不器用だったし、大学では夢も力もお金も無く絶望していました。 バイト先では、よく店長に怒られていました。

 

そんな僕でも、ビジネスに出会い、 夢中になって仕組み作りをしていたら、 気付けば僕には付いてきてくれる仲間が増えていました。

 

メルマガの中でも、

たくさんの人の意見を取り入れたり、

 

まずは僕と同じレベルにまで来てもらうために、

今まで学んできた情報も惜しみなく公開しています。

 

なので、少しでも興味があれば参加してみてください。

 

大学では到底学べない、これからの未来に本当に役立つ生き方を学べるようにしてあります。

 

正直、資産を作ることは誰にでも出来る事ではないです。 でも、この世界に一歩踏み込む勇気と、 それだけの行動力があれば、1年もあれば人生を変える事だって可能です。

 

僕は周りの人を進化の連鎖に巻き込み、

人生を楽しめる仲間を増やしていきたいです。

 

ただお金稼ぎの為にビジネスをやるのではなく、 お金を稼いでからも進化し続ける姿が理想です。

 

そうすれば、1人1人の人生がより豊かになって、 進化の連鎖が起こり続けると考えています。

 

そういった信念から、僕がどのようにビジネスに取り組んで、どんなことを学んでいったのか。

 

その体験を、メルマガの中でお話しています。

また、電子書籍ではビジネスの基礎が学べるようになっています。

 

30分程度でサクッと読めると思うので、

もし興味があれば読んでみてください。

 

電子書籍「起業力~労働から解放されるための1冊~」を無料で読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ピックアップ記事

  1. 「翼を生やしませんか?」の一言で日本を制す。 レッドブルガールから学ぶマーケティ…
  2. ”One source Multi-use”の考え方を持つと情報発信が楽になる。…
  3. 10年後にパーフェクトを目指す。与沢翼のTwitterを見て思ったこと。
  4. 【実写版】進撃の巨人×コンテンツビジネス
  5. 【物語】バーテンダーアンドリューの一生。ジェシカとの幸せ、時すでに遅し。

関連記事

  1. ネットビジネス

    集客の極論とブログ運営に必要な2種類の記事

    こんにちは、ほんこんです。いきなりなんです…

  2. ネットビジネス

    仕組み作り&就活を放棄した人間は強いって話

    こんにちは、ほんこんです。僕は初心者の頃から、「仕組みづく…

  3. ネットビジネス

    情報発信と師匠モードのお話

    こんにちは、ほんこんです。今回は、「情報発…

  4. ネットビジネス

    1年という時間の重さ。1年で人生は変わる

    こんばんは、ほんこんです。僕は、「1年」と…

  5. ネットビジネス

    仕組み作りに重要な「感覚」のお話。台風の目を増やす。

    こんにちは、ほんこんです。今回は、情報発信…

無料で電子書籍が読めます。ビジネスの本質を突いた「起業力」を付ける1冊

  1. メルマガ

    【物語】バーテンダーアンドリューの一生。ジェシカとの幸せ、時すでに遅し。
  2. コンテンツビジネス

    【実写版】進撃の巨人×コンテンツビジネス
  3. ブログ

    歯磨きの事実と時間の話(もっと早く知りたかった)
  4. ブログ

    会社は学校じゃねえんだよ!夢を持つ全ての若者に捧ぐ。
  5. ネットビジネス

    花火と人とビジネスと。(花火大会行ってきました)
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。