【童話】「三匹の子ブタ」を読んだら人生の教訓になった。

こんにちは、ほんこんです。

 

おそらく、幼い頃から
知っていると思うんですけど、
「3匹の子ブタ」という童話があります。

 

実はこの童話からは、
人生を豊かにするための教訓が学べます。

 

今まで、なんとなくこの童話を見ていた人も、
ちょっとだけ見ている視点を変える事で、
ガラッと物事の捉え方が変わるはずです。

 

というわけで、まずはお話を見ていきましょう。

 

昔々あるところに、
三匹の子ブタが暮らしていました。

 

ある日お母さんブタは、
「あんたたち、そろそろ自分たちで家を建てなさい。」
と言います。

 

そこで三匹の子ブタはそれぞれ考え、

1番上、長男の子ブタはワラを集めて、ワラの家を建てました。

2番目、次男の子ブタは木を集めて、木の家を建てました。

3番目、末っ子の子ブタはレンガを積んで、レンガの家を建てました。

 

やっと作業も終わり、末っ子の子ブタは
時間もたくさんかかりましたが、なんとか日没までには間に合ったようです。

 

と、満足感に浸っていた三匹ですが、
ここでトラブルが発生。

 

なんと、じっくりと様子を伺っていた腹ペコのオオカミが、三匹の子ブタを狙って攻めてきたのです。

 

「やばい、みんな逃げるぞ!!」

 

長男の子ブタがそう叫び、
真っ先に自分で建てたワラの家に避難します。

 

ところが、さすがのオオカミ。
ワラの家などものともせず、一瞬で吹き飛ばしてしまいました。

 

そして長男の子ブタは、次男子ブタの建てた木の家に逃げ込みます。

 

オオカミも負けじと追いかけ、
次は次男の子ブタが立てた木の家を、
体当たりして粉々に破壊してしまいました。

 

長男の子ブタ、次男の子ブタは
ムンクの叫びのような顔で慌てふためき、必死に逃げながらこう叫びます。

 

「ちくしょう、こんなことならもっと頑丈な家を建てときゃ良かった!!」

 

オオカミはそれを聞き、笑いが止まりません。
「はっはっは馬鹿め、そんなしょぼい家で俺から逃げられると思ったか!」

そう言って、2人を追いかけまわします。

 

そして2人は、唯一の頼みの綱である、
末っ子の子ブタが建てたレンガの家に逃げ込みました。

 

そこでもオオカミは、子ブタを食べてやろうと、
必死に風を起こし、体当たりを繰り返します。

しかしさすがのレンガの家、
とても頑丈なので、何をしようとも崩れません。

 

さっきまでは威勢の良かったオオカミも、
さすがに悩みましたが、

 

「煙突から侵入してやる!!」
と考え、果敢に突入します。

 

が、ここでも末っ子の子ブタ、
超ファインプレーを起こしました。

 

オオカミの侵入を想定して、
煙突から繋がっている暖炉で火を起こし、
大きいなべに火を沸かしていたのです。

 

オオカミはまんまとその策にハマり、
大やけどを負って、慌てて逃げていきました。

 

こうして三匹の子ブタは、
オオカミに襲われることも無く、
レンガの家で幸せに暮らしていきましたとさ。

 

おしまい。

 

さて、ここまでが童話のお話ですが、

何か気づいた点、思ったことはありましたか?

 

この童話は、どの時期に見るかによって受け取り方も変わるので、

僕の感想も含めて、自分の意見と照らし合わせてみると面白いかもしれません。

 

この童話、本質的に見ると4つのポイントがあります。

 

①時間をかけてコツコツと努力する事
②若い時期こそ努力をする
③万全の準備をする
④この話はみんなが幼い頃から知っている

 

この4つです。

 

①時間をかけてコツコツと努力する事

これは当たり前の話なのですが、
楽なことをするより、先を見据えて、
苦しい事でもコツコツと挑戦する人は成功します。

 

童話でも、とにかく楽に家を作った2人は、
一番大事な「命」すら失いかけていたし、

 

逆に、他の2人よりも苦労して、
コツコツとレンガを積み重ねた末っ子の子ブタは、

2人の命を守り、更に一生かけて
安心して暮らせる家を手に入れる事ができました。

 

作者はこの話を通して、

 

「自分を守ってくれる大事なものは、
努力して、時間をコツコツとかけないと
手に入れる事ができないんだよ。」

 

ということを伝えています。

②若い時期こそ努力をする

これは非常にシンプルで、
「行動量と若さは比例する」ということが分かります。

 

もし仮に、三匹の子ブタを、
人間の年齢にして考えてみると、

長男の子ブタ=50~60歳
次男の子ブタ=30~40歳
末っ子の子ブタ=10~20歳

 

このように見ることもできます。

 

長男の子ブタは、歳を取っているので、
どうしても頑張る気力が出てきません。

次男の子ブタも、少しは頑張りますが、
そこまでの勢いはありません。

 

しかし、末っ子の子ブタだけは違いました。

 

一番若いから、他の2匹と違って、
頑張れる量が桁違いだったのです。

 

まだ若いから、
手を抜かずに作業できるし、
頑張るだけの体力もあります。

 

だから、人生において
「資産を築く」という重要な事は、
若い内にやっておくべきなんだよ、
ということを作者は伝えたかったんだなーと。

 

③万全の準備をする

童話の中で末っ子の子ブタは、
常に先を見据えて行動しています。

あらゆる事態を想定して、
万全の準備をすることを怠りませんでした。

 

だから、家の構造上、
「オオカミが煙突から入ってくるだろう」
と、予想を立てていたし、

 

なべにお湯を沸かし、
オオカミを熱湯にぶち込むというエンディングを、
自らの手で作り出すことに成功しました。

 

だから僕が思うに、末っ子の子ブタは、
状況判断力にとても優れています。

 

その場の人、モノの配置、
家の構造を全て理解した上で、
相手の動きを読んで、先回りした行動を取る。

 

これができるからこそ、
最後の最後まで、自分が有利なまま、
物事を進めていく事ができるのです。

 

だから作者的にも、
「あらゆる事態を想定して準備しよう」
ということを伝えたかったのではないかなと。

 

④この話はみんなが幼い頃から知っている

さて、大事なのはこのポイントです。

この「三匹の子ブタ」は、
元々みんなが幼い頃から知っているはずです。

 

だけど、小さい頃に聞いても、
本質的なことには気づかないし、

普通に童話を見て、
「あー楽しかった!」で終わると思うんです。

 

だけど、今改めて読んでみるとどうでしょうか?

 

おそらく僕が解説しなくとも、
時間をかけてコツコツと取り組む大事さとか、
行動するなら若い内の方が良いとか、
童話のなかから、感じ取ることができたと思います。

 

ここで何を言いたいかというと、
「物事は見方によって表情を変える」ということです。

 

小さい事には気づかなかったようなことでも、
今まで生きてきた知識、経験、思考を通してみる事によって、
全く新しい受け取り方をする事ができるのです。

 

だから、今回の「三匹の子ブタ」も、
大人になった今の状態で見ると、

「ただの童話」ではなくて、
「人生の教訓が詰まったお話」と見ることができる、というわけです。

 

これは、いわゆる「フィルター」というもので、
イメージで言えば、皆それぞれが色メガネを通して
この世界を見ているから、人によって受け取り方が全く変わるのです。

 

だから、あなたが見る「三匹の子ブタ」と、
僕が見る「三匹の子ブタ」とでは、ある意味別物になるのです。

と、そう考えた時に僕は、この三匹の子ブタ、
「思考力の重要さに気づかされる話だなー。」
と思ったんです。

 

なぜ思考力が重要かっていうと、
今回の末っ子の子ブタの優れた行動は、
そもそも思考力を鍛えていないと取れなかったからです。

 

例えばレンガの家を建てるのも、
なべにお湯を沸かしていたのも、
思考を働かせて、よく考えたからこその結果です。

 

もし仮に末っ子の子ブタが、思考力を鍛える事をしていなければ、
たまたまレンガの家は作れたにしても、煙突からオオカミが侵入することまで予想できなかっただろうし、結果的に3匹とも食われていたと思います。

 

ブタにとっては、最悪な結末ですよね。

 

これは例えば、将棋にも同じ事が言えます。

 

ただ闇雲に駒を動かしても勝てないし、
相手がどんな風に攻めてくるのかを予想して、
1回1回、最善の行動を取らなければいけません。

 

だから、おそらく僕が将棋のプロ棋士と対局をしたら、
物凄い速さで負けてしまうのは分かりきっている事です。
それは、先を読むための思考力に圧倒的な差があるからですね。

 

つまり、思考力を鍛えると、
負けないための一手を打つのが上手くなります。

 

三匹の子ブタでいうと、
煙突から侵入してくることを予想して、
暖炉で火をおこし、なべにお湯を沸かすという行動です。

 

これは逆を返せば、勝つために何をすればいいのかがわかる、
つまり、成功に直結した行動を取れるようになるのです。

 

よく、億を超えるお金を稼ぐ起業家には、
「成功までのルートが100個以上見える」とも言われます。

 

これは単純に、億越えの起業家には異常な思考力があるからです。

 

知識を身に付け、何百万、何千万もの価値ある情報を集め、
そして経験によって磨き抜かれた、百戦錬磨の思考力です。

その思考力があるからこそ、
どんな状況にいようと、成功に直結した行動が取れるのです。

 

つまり何が言いたいかっていうと、
「思考力」という目に見えないものは、
時に命を守ってくれる存在にもなるし、億を超えるお金すら生み出してくれる武器になるのです。

 

そう考えた時にやっぱり僕は、
まずは最優先に、思考力を鍛えるべきだと思うのです。

 

コンテンツビジネスでいうなれば、
多くの人がまずは記事を書きたいとか、
ステップメールをまず完成させて自動で稼ぎたいーとか言うんですけど、

 

一番大事なのは、そこじゃないんですよね。

そこじゃないというか、優先順位が違います。

 

もちろんブログ記事も、ステップメールも、
自分にとって大事な資産になります。

 

だけど、そもそも、質の高い記事を書けない、
質の高いステップメールを書けないのであれば、
それはいくら行動しても意味がないのです。

 

それはジャブも右ストレートも打てないまま、
ボクシングの世界チャンピオンに挑むようなことだし、
バットがないのに野球の試合に臨むようなことと同じなのです。

 

だからまずは、自分の武器となる
「思考力」を身に付けてほしいと僕は思っています。

 

だって、思考力さえ鍛えてしまえば、
いくらでも結果を出すことができるからです。

 

もし今月収が0だとしても、
億越え起業家レベルの思考力があれば、
1カ月、2カ月で結果を出すことも十分可能ってことです。

 

もちろん、思考力を鍛えるのは簡単なことではありません。

 

1日で劇的に変わるものでもないし、
「ある日突然覚醒した!!」なんてこともほとんどありません。
思考力は、考えるからこそ身に付くのです。

 

すごく当たり前のことなんですけど、
シンプルかつ、めちゃくちゃ重要な事です。

 

そして、思考力を身に付けるのに最善の手段というのもあります。

 

それが、音声学習です。

ビジネスで成功するのにも、
既にお金を稼いでいる成功者の思考を、
そのまま憑依するように学ぶのが一番いいです。

 

だから僕はまず最初の間は、
とにかく成功者の教材を買って、その音声をひたすらに聞き続けていました。

 

1カ月、2カ月と聞いているうちに、
成功者にとっての常識が、自分にとっても常識になります。

 

だから三匹の子ブタでいうなれば、
オオカミが煙突から侵入してくるから、
暖炉で火を起こしてお湯を沸かすことなど、もはや当たり前のことになります。

 

「どう考えたってオオカミ、煙突からくるじゃん。」

 

もはやそこまでの確信をもって、
行動することが可能になるのです。

 

つまり、そうやって思考を鍛えることは、
自分の「行動の基準を変えること」に直接繋がるので、
むやみに行動するよりも、何百、何千倍もの価値があるのです。

 

ただ、目に見える結果を早く残したいというのは、
めちゃくちゃ分かります。

僕も凄く焦っていた時期はあったし、
自分のレベルの低さに絶望したことだってありました。

 

だけど、思考力をまだ鍛えていない段階で結果を求めてもしょうがないのです。

 

「今はまだ思考力を鍛えるべきだ」
そう割り切って、思考力鍛えて、
後から一気に行動して、成功して行きましょう。

 

思考力を鍛える事は、
後々、莫大な利益となって返ってきます。

今すぐに結果は出せないですが、
今すぐに、思考を鍛えるための行動はできるはずです。

 

というわけで、今日は三匹の子ブタを見て思ったことでした。

僕も先を見据えて、頑張っていこうと思います。

 

それでは!

電子書籍を無料で受け取れます。

 

僕は大学在学中に起業し、

経済的自立を達成しました。

 

ネット上でお金を稼ぐことは、

怪しいことだと思われがちです。

 

また、才能ある人にしかできないと思われがちです。  

しかしそれは全て違います。  

僕は元々ビジネスができるわけではなかったし、 自信もなかったし、コミュ力も低い貧乏大学生でした。

 

喋りも、文章も、何もできなかったです。   そんな僕でも正しい情報に出会い、 正しい努力をしたところ、

 

大変なこともありましたが、

無事に経済的自立を達成することができました。

 

なので、もちろん就職は放棄します。

 

結局、起業して成功するには、

死に物狂いで行動すればいいだけなのだと悟りました。

 

それも、半年あれば十分です。

 

「学んで実践」の繰り返しで、 誰でも自信を持つことができるし、 Web上で稼ぐことは可能です。

 

一歩踏み出すだけでも違います。

  あなたがビジネスに出会い、

興味本位でもその世界に飛び込めば、   成功して、自由な生活を送るのも可能なのです。

 

ただなんとなく怪しいとか、 自分には無理だと決めつけて、

それまでと変わらない生活を続ければ、

 

得られていたはずの自由な生活は失われるでしょう。

 

どっちを選ぶかはあなた次第ですが、

僕は、ビジネスという武器を手に入れて、

人間関係も、健康も、名誉も、知識も、お金も、時間も、

 

全ての悩みを解決した方がいいと思います。

 

実際、僕が実践して良かったなと思っているので。

 

そのきっかけとして、

僕が経済的に自立するまでのストーリーを、

電子書籍の中でお話しています。

 

サクッと読んでみてください。

 

期間限定で1000円のところを無料で配布しています。

 

電子書籍「人生は循環で変わる」を無料で読んでみる

 

メールアドレスを入力すると、すぐ受け取れます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ピックアップ記事

  1. ”One source Multi-use”の考え方を持つと情報発信が楽になる。…
  2. 「翼を生やしませんか?」の一言で日本を制す。 レッドブルガールから学ぶマーケティ…
  3. 花火と人とビジネスと。(花火大会行ってきました)
  4. 10年後にパーフェクトを目指す。与沢翼のTwitterを見て思ったこと。
  5. 札幌にあるフレアバーesに行ってきた。YAZAWAコークハイボールとの出会い

関連記事

  1. ネットビジネス

    筋トレアカウントとろ過装置の関係について

    こんにちは、ほんこんです。今日のテーマはこ…

  2. ネットビジネス

    美女と付き合う前から諦めるへなちょこ

    こんにちは、ほんこんです。前回のメールでは…

  3. ブログ

    会社は学校じゃねえんだよ!夢を持つ全ての若者に捧ぐ。

    こんにちは、ほんこんです。実はちょっと時代遅れなんですけど、…

  4. ブログ

    雑草がコンクリートを突き破る

    こんにちは、ほんこんです。前回は、常に進化…

  5. ほんこんのオススメ記事

    月収100万は通過点。ほんこんの過去+理念「五徳の概念+α」について

    はじめまして、本多です。ネット上では、ほんこんと名乗っています…

  6. ほんこんのオススメ記事

    「令和」から学ぶ面白いブログ記事の書き方

    こんばんは、ほんこんです。今年も4月に入り…

  1. コンテンツビジネス

    ”One source Multi-use”の考え方を持つと情報発信が楽になる。…
  2. メルマガ

    【物語】バーテンダーアンドリューの一生。ジェシカとの幸せ、時すでに遅し。
  3. ネットビジネス

    10年後にパーフェクトを目指す。与沢翼のTwitterを見て思ったこと。
  4. マインド系

    【成功マインド】大富豪になるには24個の掟を守る必要があった
  5. コンテンツビジネス

    【実写版】進撃の巨人×コンテンツビジネス
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。