【書評レビュー】「シンプルに結果を出す人の5W1H思考」を読んだらチャンスが舞い降りる。

 

目次

1.この本が主張する5W1H思考

2.一瞬で、深く潜ることができれば得をする

3.この時代に希少な高い視点の持ち主に

4.この本は視点を鍛えるチャンスだと思った

5.まとめ

 

 

こんにちは、ほんこんです。

 

最近、5W1H思考という本を読みました。

読む前にレビューを見たんですけど、
この本の批判派と賛成派がキレイに分かれていて、面白かったです(笑)。

 

結論からいうとこの本、
ビジネスをしている人には、非常に役立ちます。

ただ、ビジネスに携わっていない、
マーケティング戦略に興味のない人には、
少し難しく感じるのかもしれません。

 

僕にとっては、プラスの情報ばかりだったので、
良い部分をピックアップして紹介していきます。

 

正直、今回の内容を学ぶだけでも、
思考力がグンと上がります。
ビジネスをしている人なら必見ですね。

 

1.この本が主張する5W1H思考

5W1H思考と聞いたとき、
「そんな当たり前の概念をまた学ぶの?」
と思った人もいると思います。

 

一応復習しておきますが、5W1H思考とは、

When(いつ)
Where(どこで)
Who(誰が)
Why(なぜ)
What(何を)
How(どのように)

という、6つの要素からなる、
情報整理の手法のことですね。

 

英語の授業なんかでも学んだはずなので、
ほとんどの人にとっては当たり前の概念でしょう。

 

ただ、それを軽視してはいけないのです。

 

この本ではとにかく、

「5W1H思考を使いこなせば、
非常に強力な思考ツールになる」
ということを伝えています。

 

5W1Hそれぞれを、1つずつ、
深く考え、組み合わせ、
自由自在に思考を繰り返すことによって、

最高の結果、問題解決ができるということを言っているのです。

 

普段の問題解決や売上UPはもちろんのこと、
「新しい視点を見つけること」にも繋がる、
5W1Hの新しい可能性についても触れていました。

 

ただの5W1Hでも、使い手によっては、
非常に強力な思考ツールになるのです。

 

例えば僕の友人には、スマブラで
同じキャラを使っているのにも関わらず、
異常に強い人がいます。

僕が弱いこともありますが、
彼には10回やったら10回負けます(笑)。

 

なんでそんな差が出るかっていうと、
やりこんでいるかやり込んでいないか、ただそれだけなんですよね。

 

特にゲームの世界だと、比べられるのは
「プレイヤーの実力のみ」なので、
はっきりと差が出るんです。

 

だから5W1H思考もそれと同じで、
使う人によっては強力な武器になるし、
極めれば一瞬で問題解決もできるツールになるのです。

 

2.一瞬で、深く潜ることができれば得をする

今の時代って、良くも悪くも、
ほとんどの問題は「検索」すれば解決します。

特にスマホに慣れている世代は、
その結論の出し方に慣れてしまっています。

 

普通に生活する分には良いけど、

そのままだと、
深く思考する癖が身につかないので、
本質的に考えないと解決しない問題に出会ったとき、かなり苦労します。

 

例えば、海に潜る時とか、
普段から潜っている人は、
一瞬で深いところまで潜ることができます。

 

それに対して、普段から潜ることに慣れていない人は、
全然深いところまで潜れません、

今まで潜ったことも無いから怖いし、
潜り方も分からないし、もはや潜ることを諦めます。

 

じゃあそれが、一大事の時だったら?

深く潜れる人は得をするし、潜れない人は、損をします。

 

それは出世に関する事かもしれないし、
ビジネスで大成功できるか、できないかの問題かもしれません。

だから、思考は鍛えておいて損はないのです。
特に若い内から思考を鍛えておけば、それは一生重宝スキルになります。

 

僕は、大学2年までは何も考えてなかたんですけど、
それこそこの世界に飛び込んでからは、
ひたすら思考を鍛える事をしてきました。

 

するとその結果、会社に雇われなくとも、
逞しく生きていける、強い力を手に入れる事ができました。

だから、思考を鍛えるか、鍛えないか、少しでも迷ったのなら、
僕は挑戦する方を選んだ方がいいと思っています。

 

で、この本の中には、
シンプルな問題解決の方法も載っています。

 

筋の良い問題解決をするために、
「3W1Hのステップ」を使うのです。

 

①What(何を解決するのか)
→問題の設定

②Where(どこが悪いのか)
→問題箇所の特定

③Why(なぜ起こるのか)
→問題原因の究明

④How(どうすればいいのか)
→解決策の立案

 

シンプルに、これだけですね。

この流れを使えば、
大体の問題は解決することができます。

 

ただ、著者が言う通り、
考える順番を取り違えることには注意が必要なんです。

 

例えば、売れないアイスクリーム屋さんがあったとして、
その問題を解決するときに、

いきなり「解決策」を考えてもだめだし、
どこが悪いのかもわからないまま、
なぜ売れないのかを考えてもきりがないです。

 

だから、アイスクリームが売れないのであれば、
まずは何を解決するか決めるのです。

 

・お店の外観
・集客方法
・アイスクリームのクオリティ
・リピーター化はできているのか
・顧客リストの管理

 

少し考えただけも、
こんなにも問題点は見つかります。

で、解決する問題が決まれば、
その問題点の悪い点を見つけます。

 

もしアイスクリームのクオリティが問題ならば、
見た目か、もしくは味が悪い可能性が高いです。

だから、それを客観的に分析します。

 

そうすれば、次は、
それがなぜ起こるのかを考えます。

アイスクリームの味が悪いのであれば、
扱っている材料に原因があるかもしれないし、
味の組み合わせの仕方に原因があるかもしれません。

 

で、その上で、解決策を見つけるのです。

 

ここまで絞ることができれば、
論点もブレないし、いつまでも問題解決ができないこともありません。

 

と、このように、問題解決をするにしても、
それなりに正しい流れというのは存在するのです。
だからこの本を読めば、ある程度、
問題解決する能力は身に付くんです。

 

3.この時代に希少な高い視点の持ち主に

 

そしてこの本では、物事を深く考える事で、
「高いレベルの視点で物事を見れる」という、
現代において希少なスキルを身に付けることができます。

 

5W1H思考を読むことは、
高い視点を持つ人間になれるチャンスといっても過言ではありません。

 

じゃあ、高い視点とは一体何か?
というと、本書の中に書いてあった、
「さかのぼり思考」という概念から学べます。

 

さかのぼり思考というのは、深く物事を考えることで、

普通の人には見えない、
潜在的なニーズをも見つける事ができる思考です。

 

マーケティングの有名な例で、
「ドリル」の話を聞くと分かりやすいので、説明しますね。

 

ドリルの話は、とある市場で
「1.5ミリ径のドリル」が売れた時、
人々は何が欲しかったのか?というものです。

 

この問いに対して、普通の人は、
「何を当たり前のことを。ドリルが欲しかったから
ドリルを買ったんじゃないか!」

 

と、言いますよね。

 

でも、少し深く見れば、こう考える事もできます。

 

「消費者が本当に欲しかったのは、
「ドリル」そのものじゃなくて、
実は「穴」が欲しかったんだ!」と。

 

そしてこの回答は、一見大正解に見えますが、
実はこれ、”普通の”模範解答なのです。

 

もちろん、それは間違いではありません。
消費者は、穴をあけるためにドリルを買ったのです。

ただ、その「穴をあける」というニーズの他に、
もっと深く考えていく事で、新たな視点(ニーズ)が発見できます。

 

この図を見てみてください。

Why?を段階的に繰り返して、
より深い部分まで思考を重ねていますよね。

 

ここから分かるのが、
消費者が本当に欲しかったものは、
ドリルでもなく、穴でもなく、

・棚や犬小屋を作りたい
・ネックレスを作りたい
・容器を作りたい

という、真のニーズ(目的)だったのです。

 

そしてこの事実は、物事を深く考えられる人でなければ、
辿り着く事ができません。

 

5W1H思考を極めていけば、
普通の人には見えない、
全く新しい視点を生み出すことができるという事です。

 

僕は、そういう人が増えれば、
もっと世の中は面白くなると思うし、
会社も、より良い環境になっていくと思います。

 

例えば、映画レビューなんかが良い例だなーと。

特に、大ヒットした映画「君の名は」でも、
色んな人が、自分なりの視点を加えて、
様々なレビューをしていました。

 

ただ1回みてはい終わりじゃなくて、
何度も見て、深い部分まで突き詰めて、
その作品に込められた真の意味を探していたんです。

 

しかも、1人1人思考のクセが違うから、
なおさら面白いんですよね。

 

僕はレビューをたくさん見ましたけど、
中には「天文学」の視点から見ている人もいました。
ティアマト彗星の数とか、そこまで見てて、面白かったなー(笑)。

 

なので、そんな風に一つの物事を、
とにかく深く考えてみること。

そうすることで新しい発見が起きて、
自分自身も思考力が鍛えられていくのです。

 

そうすれば、今よりもきっと、
世の中を楽しく見ていけるんじゃないかなと。
僕的には、やってみる価値はあると思います。

 

4.この本は視点を鍛えるチャンスだと思った

 

で、この本非常に魅力的で
オススメできる本なのですが、
一点だけ思ったのは、

 

「初心者が読んだら挫折する」
1冊なのではないかな、と。

 

そもそも、マーケティングとか、
問題解決に関する事とか、
ビジネスをやる上で重要なことを沢山取り上げているのですが、

 

なんせ基礎知識がないと、厳しいです。

 

だからきっと、この本を読み終わったら、
”なんとなく理解したまま”、何事もなかったように、
5W1H思考を実践しない人がいるんじゃないかな、と。

 

しかもレビューも、高い評価と悪い評価がどちらもあるので、
どっちの意見を信じていいか分からないと思うのです。

 

こっちでは超批判されてるし、
こっちでは超褒められてるし、
一体この本の価値はどこにあるんだろう??

そう思う人が多いはずです。

 

だから僕は、断言します。
この本は、本質的に物事を見るための、
「視点を鍛えるチャンス」だと思いましょう。

 

たとえ難しかったとしても、
よくわからなかったとしても、この本が伝えているのは、

 

とにかく考える力を身に付け、
そして新しい視点を身に付け、

問題解決もロジカルにクリアすればいい。
要は、5W1Hは使い方次第。

 

そういうことだと思うのです。

 

だって、深く物事を考えること自体、
めちゃくちゃ良い事ですよ。

それこそ思考力を鍛えるだけで、
今の時代に足りない、
希少なスキルをもった人間になれるのです。

 

5.まとめ

というわけで、渡邊光太郎さんの
「シンプルに結果を出す人の5W1H思考」を読んでみた書評でした。

 

深く考える癖も身につくし、
今までにない新たな視点も発見できるので、
自分のレベルを一段上げたい人には必読の本です。

 

色んな角度から、物事を考える、
本質的な力が身に付きます。

 

それでは!

電子書籍を無料で受け取れます。

 

僕は今、人生を楽しめる仲間を増やすために、

周りの人を進化に巻き込みながら、活動しています。

特に、人を楽しませて「新たな気づき」を価値として提供する、

テーマパーク型のビジネスに取り組んでいます。

 

イメージで言えば、ディズニーランドです。

楽しませる事を重きに、自分の世界をひたすら構築しています。  

僕は元々不器用だったし、大学では夢も力もお金も無く絶望していました。 バイト先では、よく店長に怒られていました。

 

そんな僕でも、ビジネスに出会い、 夢中になって仕組み作りをしていたら、 気付けば僕には付いてきてくれる仲間が増えていました。

 

メルマガの中でも、

たくさんの人の意見を取り入れたり、

 

まずは僕と同じレベルにまで来てもらうために、

今まで学んできた情報も惜しみなく公開しています。

 

なので、少しでも興味があれば参加してみてください。

 

大学では到底学べない、これからの未来に本当に役立つ生き方を学べるようにしてあります。

 

正直、資産を作ることは誰にでも出来る事ではないです。 でも、この世界に一歩踏み込む勇気と、 それだけの行動力があれば、1年もあれば人生を変える事だって可能です。

 

僕は周りの人を進化の連鎖に巻き込み、

人生を楽しめる仲間を増やしていきたいです。

 

ただお金稼ぎの為にビジネスをやるのではなく、 お金を稼いでからも進化し続ける姿が理想です。

 

そうすれば、1人1人の人生がより豊かになって、 進化の連鎖が起こり続けると考えています。

 

そういった信念から、僕がどのようにビジネスに取り組んで、どんなことを学んでいったのか。

 

その体験を、メルマガの中でお話しています。

また、電子書籍ではビジネスの基礎が学べるようになっています。

 

30分程度でサクッと読めると思うので、

もし興味があれば読んでみてください。

 

電子書籍「起業力~労働から解放されるための1冊~」を無料で読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ピックアップ記事

  1. 札幌にあるフレアバーesに行ってきた。YAZAWAコークハイボールとの出会い
  2. 花火と人とビジネスと。(花火大会行ってきました)
  3. 【物語】バーテンダーアンドリューの一生。ジェシカとの幸せ、時すでに遅し。
  4. 歯磨きの事実と時間の話(もっと早く知りたかった)
  5. 【実写版】進撃の巨人×コンテンツビジネス

関連記事

  1. ブログ

    23歳起業家から学ぶ資産作りの極意。短期決戦で我が道を突き進め。

    こんにちは、ほんこんです。よく起業するって…

  2. ブログ

    会社は学校じゃねえんだよ!夢を持つ全ての若者に捧ぐ。

    こんにちは、ほんこんです。実はちょっと時代遅れなんですけど、…

  3. ネットビジネス

    美女と付き合う前から諦めるへなちょこ

    こんにちは、ほんこんです。前回のメールでは…

  4. ブログ

    「シチュエーションをぶち壊せ!」情勢と存在のお話

    どうも、ほんこんです。よくある質問で、…

無料で電子書籍が読めます。ビジネスの本質を突いた「起業力」を付ける1冊

  1. ブログ

    会社は学校じゃねえんだよ!夢を持つ全ての若者に捧ぐ。
  2. コンテンツビジネス

    ”One source Multi-use”の考え方を持つと情報発信が楽になる。…
  3. ネットビジネス

    花火と人とビジネスと。(花火大会行ってきました)
  4. ネットビジネス

    10年後にパーフェクトを目指す。与沢翼のTwitterを見て思ったこと。
  5. ブログ

    歯磨きの事実と時間の話(もっと早く知りたかった)
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。