【実写版】進撃の巨人×コンテンツビジネス

こんにちは、ほんこんです。

 

これは大分前の話なのですが、
進撃の巨人が実写化されて、映画館で上映されている時、
実は僕も見に行っていました。

 

感想としては、(ある意味)面白かったです。

 

面白かったし、コンテンツビジネスに取り組む僕としては、
非常に勉強になった部分が多いです。

でも、原作が本当に好きで、
楽しむために見るのであれば、オススメはしません(笑)。

 

なので、今回の記事では、
進撃の巨人をいかにしてビジネスに活かすか、
というコンテンツビジネスの視点と、
楽しい人生を送るための、僕なりのマインドを伝授しようと思います。

 

さて、早速本題に入りますが、
僕はもちろん原作も見たことがあるので、
あの映画を見たファンが、激怒してしまう気持ちも分かります。

 

なんで進撃の巨人の実写化で、
ファンはあんなにも怒るのかというと、

 

・原作を無視しすぎ
・設定がめちゃくちゃ
・キャラクター同士のバランスが悪い

 

などなど、挙げればきりが無いのですが、
とにかく原作を無視した行動が目立ち、
批判されまくっています(笑)。

 

しかも、原作は原作でとても面白いし、
評価も高いから、なおさら腹が立つのでしょう。

 

「進撃の巨人実写化!!」
となって、そりゃある程度は期待しますから、

 

「その期待をぼろくそに裏切られた」
    &
「お金も勿体ない」
となった日には、最悪なわけですね。

 

でも、コンテンツビジネスに取り組んでいる人なら、
こんな状況こそ、成長する絶好のチャンスなのです。

 

なぜなら、
皆が批判しているものを、
何か別の「自分なりの視点で見られないか?」

と考える事で、確実に、
自分なりの視点が磨かれるし、
結果的に、新世界(自分の世界)の構築に役立つのです。

 

だから僕は、この映画を見て、
「あー原作と比べたらイライラするわー。
まじでお金もったいなさすぎ。」
とか全く思わなくて、

「これは仕掛ける側の視点を磨くチャンスだ!!」
と思って、わくわくしたのを覚えています。
むしろ、見てよかったと思いましたもん。

 

つまり僕は、例え質の低い作品でも、
そのコンテンツで”自分が”楽しむのではなく、

そのコンテンツを通して、それをネタにして、
いかに、自分が”他の人”を楽しませることができるかを大事にしているのです。

 

このマインドって、仕掛ける側にいる人なら
誰しもが持っていると思うのですが、
要は、面白いコンテンツが作れれば、
作品自体のクオリティなど気にならないのです。

 

僕はお金よりも、成長を重視します。

 

だからこそ、進撃の巨人を、
僕はお金を払ってでも見れてよかったなーと思います。

 

また、これもビジネスに通じる事なのですが、
実写版の進撃の巨人では、明らかに、
「世界観が統一されていない」
ということを感じました。

 

実はこの世界観って非常に重要で、
統一感のない世界には、一種の居心地の悪ささえ感じます。

 

例えば、僕は今こうして、
「情報発信ビジネス」(ネットビジネス)
をテーマに情報発信しているのですが、

 

そんな僕のメルマガで急に、
「今日から転売の講座を始めます!!」
とかいったら、

 

読者の人は、
「急にどうしたこの人??」
ってなりますよね(笑)。

 

明らかに世界が統一されてないし、
どこか不信感さえ覚えて、おそらく、
僕には二度と付いてきてくれなくなるでしょう。

 

それほど、世界観の統一は重要です。

 

もうほんと極端にいえば、
「大谷翔平がサッカー業界の今後を語る」
とか言ってるようなものなんですよ。
(それはそれで面白そうですが。笑)

 

要するに、その世界観を守らなかったから、
実写版の進撃の巨人では、原作での世界よりも、
悲惨な結果を招くことになったのです。

 

ということで、日常生活の中で、
いかに面白いコンテンツを生み出すか?
というコンテンツビジネスの視点で見れば、
実写版進撃の巨人は、「見てよかった。」という結論に至りました。

 

さて、続いて、
平和な人生を送るための僕のマインド、
これをお話していきましょう。

 

結論から言いますが、平和な人生を送るには、

 

・負のエネルギーを手放す

というマインドを持つとうまくいきます。

 

今回の実写版進撃の巨人では、
人が苛立つ時のパターンを忠実に再現しています。

【パターン】
制作側が、ファンを期待させた。
(実写版をやります!という告知で。)
    ↓
少なからず、期待するファンがいる
    ↓
いざ上映となり、お金を払って見に行く
    ↓
「期待をぼろくそに裏切るクオリティ」
    ↓
ファン「わざわざお金も払って見に行ったのにこれかよ!!」
    ↓
結果、悪い意味で期待を裏切る形に。

 

と、こんな感じですね。

 

そりゃ期待させて、
それを裏切るクオリティで発表したから、
もはや誰かが怒るのは当然の流れです。

 

コンテンツを出す側も、
もっと良い意味で期待を裏切れれば、、、
と、僕は思いました。

 

でも、極論いってしまえば、
誰でも、誰かに裏切られることはあるのです。
自分がイラつくような経験も、生きていれば必ず出会います。

 

大事なのは、そこでどう受け止めるかですよね。

 

僕は、悪い意味で期待を裏切られたときも、
なるべくエネルギーを暗い方じゃなくて、
明るい方に持っていくようにしています。

 

これを僕は、
「負のエネルギーを手放す」
という表現をしているのですが、

 

人間って、医学的にも、そもそも自分の持っている、
エネルギーの総量が決まっています。

 

たくさん運動をした後にお腹が空くように、
勉強をした後に眠くなるように、

1日で使用可能なエネルギーを使い、
そのエネルギーを、休息することで循環させています。

 

だから、怒った時にもたくさんのエネルギーを使うし、
そういった負の感情は、負のエネルギーを生み出します。

 

負のエネルギーは、実際に体にも害をもたらします。

 

内科医の方から聞いた事があるのですが、
怒りやストレスがあると、交感神経の関係で血圧が高まり、
熟睡できなかったり、酷い場合で睡眠障害も起こします。

 

逆に、たくさん笑ったりして、
正のエネルギーを生み出せば、
NK細胞というものが働き、ガン予防にもなるそう。

 

だからこそ、苛立つことがあっても、
できるだけ、負のエネルギーを手放すこと。

 

僕はこれを意識するようにしてから、
自分自身も気持ちいいし、何より、
日常生活を100倍楽しむことができます。

 

まぁ、コンテンツビジネスをやっているので、
日常生活の全てがネタになり、今回の様に、
クオリティの低い実写化を見ても、幸せな気持ちでいられるのですが(笑)。

 

要は、何事も「捉え方」だし、
コンテンツを作れるも作れないも、
全て自分自身の「見方」によって、180度変わってくるという事です。

 

というわけで、僕なりに、

実写版進撃の巨人をみて思った事でした。

最後までお読みいただき、有難う御座います。

 

P.S.

ここまで記事を書くのに、
かかった時間は約1時間でした。

最近は結構スピードも意識して書いてるのですが、
なかなか、必勝パターンが見えてくるとスラスラと書けるものです。

 

コンテンツビジネスをやる上で、
ライティング力はかなり重要なので、
これからも鍛え続けていきたいなーと思います。

 

また、今回の記事を読んで、
コンテンツビジネスに興味を持った方がいれば、
ぜひメルマガで、僕のコンテンツを読んでみてください。

今までとは、自分の見ている世界が、
ガラッと変わるようなコンテンツを意識して書いています。
(今回の進撃の巨人の批評みたいに。)

 

ではでは!

電子書籍を無料で受け取れます。

 

僕は今、人生を楽しめる仲間を増やすために、

周りの人を進化に巻き込みながら、活動しています。

特に、人を楽しませて「新たな気づき」を価値として提供する、

テーマパーク型のビジネスに取り組んでいます。

 

イメージで言えば、ディズニーランドです。

楽しませる事を重きに、自分の世界をひたすら構築しています。  

僕は元々不器用だったし、大学では夢も力もお金も無く絶望していました。 バイト先では、よく店長に怒られていました。

 

そんな僕でも、ビジネスに出会い、 夢中になって仕組み作りをしていたら、 気付けば僕には付いてきてくれる仲間が増えていました。

 

メルマガの中でも、

たくさんの人の意見を取り入れたり、

 

まずは僕と同じレベルにまで来てもらうために、

今まで学んできた情報も惜しみなく公開しています。

 

なので、少しでも興味があれば参加してみてください。

 

大学では到底学べない、これからの未来に本当に役立つ生き方を学べるようにしてあります。

 

正直、資産を作ることは誰にでも出来る事ではないです。 でも、この世界に一歩踏み込む勇気と、 それだけの行動力があれば、1年もあれば人生を変える事だって可能です。

 

僕は周りの人を進化の連鎖に巻き込み、

人生を楽しめる仲間を増やしていきたいです。

 

ただお金稼ぎの為にビジネスをやるのではなく、 お金を稼いでからも進化し続ける姿が理想です。

 

そうすれば、1人1人の人生がより豊かになって、 進化の連鎖が起こり続けると考えています。

 

そういった信念から、僕がどのようにビジネスに取り組んで、どんなことを学んでいったのか。

 

その体験を、メルマガの中でお話しています。

また、電子書籍ではビジネスの基礎が学べるようになっています。

 

30分程度でサクッと読めると思うので、

もし興味があれば読んでみてください。

 

電子書籍「起業力~労働から解放されるための1冊~」を無料で読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ピックアップ記事

  1. 札幌にあるフレアバーesに行ってきた。YAZAWAコークハイボールとの出会い
  2. 【物語】バーテンダーアンドリューの一生。ジェシカとの幸せ、時すでに遅し。
  3. 【成功マインド】大富豪になるには24個の掟を守る必要があった
  4. 会社は学校じゃねえんだよ!夢を持つ全ての若者に捧ぐ。
  5. 10年後にパーフェクトを目指す。与沢翼のTwitterを見て思ったこと。

関連記事

  1. コンテンツビジネス

    与沢翼の動画見たら集客の概念変わった話。バイラルの力。

    バイラル(口コミ)が起こるコンテンツを作れば、…

  2. ほんこんのオススメ記事

    思考=道具という視点からみたビジネスと哲学のお話

    こんにちは、ほんこんです。今日は、「思考」に対する概念を変…

  3. ほんこんのオススメ記事

    RADWIMPSのカタルシストから思うこと

    どうも、ほんこんです。僕は音楽を聞くのが好…

  4. ほんこんのオススメ記事

    月収100万は通過点。ほんこんの過去+理念「五徳の概念+α」について

    はじめまして、本多です。ネット上では、ほんこんと名乗っています…

無料で電子書籍が読めます。ビジネスの本質を突いた「起業力」を付ける1冊

  1. ブログ

    会社は学校じゃねえんだよ!夢を持つ全ての若者に捧ぐ。
  2. ネットビジネス

    札幌にあるフレアバーesに行ってきた。YAZAWAコークハイボールとの出会い
  3. マインド系

    【成功マインド】大富豪になるには24個の掟を守る必要があった
  4. コンテンツビジネス

    【実写版】進撃の巨人×コンテンツビジネス
  5. ネットビジネス

    花火と人とビジネスと。(花火大会行ってきました)
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。